ロイ・プランケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロイ・J・プランケットRoy J. Plunkett, 1910年6月26日 - 1994年5月12日)はアメリカ合衆国オハイオ州ニューカーライル出身の化学者マンチェスター大学オハイオ州立大学で学ぶ。

デュポン社の研究員をしていた1938年テトラフルオロエチレンがガスボンベ内で自然に重合反応を起こし、偶然にテフロンが生成していることを発見した。これは現在までに見つかっている物質の中で最も摩擦係数の少ない物質である。