ロイ・サリヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロイ・クリーヴランド・サリヴァン(Roy Cleveland Sullivan, 1912年2月7日 - 1983年9月28日)[1][2]アメリカ合衆国バージニア州シェナンドー国立公園公園監視員である[2][3]。サリヴァンは7回別々の場所でに打たれながらも生き残った人物である[2][3]。存命中、彼は「人間避雷針」というあだ名をつけられた[4]。1983年9月28日、彼は71歳で自殺した[1][2]。片思いの恋で取り乱していたという[5]。彼の2つの監視員帽子はニューヨーク市サウスカロライナ州ギネス世界展示ホールに展示されている[4]

7回の落雷[編集]

  1. 1942年:サリヴァンは火の見櫓にいたときに最初の落雷に遭った[3]。雷は彼の足に当たり、親指の爪を失った[4]
  2. 1969年:2回目は車で山道を運転していたときである[3]。意識を消失し、眉毛が燃えた[4]
  3. 1970年:3回目のは自宅の前庭にいたときである[3]。左肩に火傷を負った[4]
  4. 1972年:4回目は公園の管理所にいたときである[3]。髪の毛が燃えた。この後、彼は水差しを持ち歩くようになった[4]
  5. 1973年8月7日:5回目の落雷は車外にいたときである。頭に落雷し、再び髪の毛が燃えた[4]
  6. 1976年6月5日:キャンプ場で6回目の落雷に遭い[3]、足首を負傷した[1]。彼は雲を見て自分を追いかけていると思い、逃げようとしたが落雷に遭ってしまったと伝えられている[3]
  7. 1977年6月25日土曜日の朝:7回目、そして最後となる落雷は釣りをしているときである[3]。胸部と腹部に火傷を負い、入院した[4]

ナショナル・ジオグラフィックの「Flash Facts About Lightning」によれば、一生のうちに落雷に遭う確率は3000分の1である。もし、それぞれ「落雷に遭う」事象が確率論的に独立であれば、一生に7回落雷に遭う確率はおよそ22,000,000,000,000,000,000,000,000分の1である。しかしながら、この数はアメリカ合衆国内で落雷に遭う可能性が一様であると仮定した場合のものであり、局地的な気象や公園監視員という彼の仕事のために雷雨に遭いやすいという傾向を考慮したものではない。

出典[編集]

  1. ^ a b c Astrology Weekly: Roy Sullivan”. 2006年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c d The New York Times Archives: Roy Sullivan” (1983年). 2006年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Cecil Adams (2006年). “The Straight Dope: Have people actually survived being hit by lightning multiple times?”. 2006年12月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h Stephen Wagner. “The REAL X-Men”. About Paranormal Phenomena. 2006年12月1日閲覧。
  5. ^ Majendie, Paul (2007年). “Guinness -- weird, wonderful and wacky abound (Online)”. Reuters. 2007年9月29日閲覧。