ロイ・カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイ・カーン
Roy Khan
2007年9月28日 ロンドン公演}
2007年9月28日 ロンドン公演
基本情報
出生名 Roy Sætre Khantatat
出生 1970年3月12日(44歳)
出身地 ノルウェーの旗 ノルウェー
ヘードマルク県 エールヴェルム
ジャンル シンフォニック・メタル
パワー・メタル
プログレッシヴ・メタル
職業 ボーカリスト
担当楽器
ギター
鍵盤楽器
活動期間 1991年 -
共同作業者 キャメロット
コンセプション
ロイ・カーン(2007年)

ロイ・カーンRoy Khan,1970年3月12日 - )は、ノルウェー出身の歌手コンセプションを経てキャメロットの一員として活動。シンプルにカーンともクレジットされる。

来歴[編集]

18歳の時から3年間、音楽大学声楽オペラを学ぶ。その過程にあった1991年にオーディションの末プログレッシヴ・メタルバンドコンセプションへ加入する。

ヘヴィ・メタルのクラシックなルックスを重視していたバンドだったが、カーンはロングヘアを好まなかったため、当初はを着用していた。またバンドを初めて間もなく、当時の教師からオペラの道かメタルの道かどちらかを選ぶように問われ、過去の遺産を歌うよりも自分だけの歌を歌い続けることを望み、以後はクラシック音楽ではなくヘヴィ・メタル界に進むことを決意する。

バンドは自主レーベルのCSFレコードを起ち上げてアルバム『ザ・ラスト・サンセット』(1991年)を発表した後にノイズ・レコードと契約する。1997年までに合計4枚のアルバムと1枚のEPをリリースした。

カーンは、アルバム『シージ・ペリロス』制作中にシンガーを失ったキャメロットに参加、以後はバンドの中枢であるトーマス・ヤングブラッドとともに作曲においても重要な位置を占めている。

2005年に再結成したコンセプションにも参加し、キャメロットと並行して活動した。

2011年4月21日、自身のブログにてキャメロット脱退を発表した。脱退理由としては近来における彼の燃え尽き症候群が挙げられている。

ディスコグラフィ[編集]

コンセプション[編集]

  • ザ・ラスト・サンセット The Last Sunset (1991)
  • パラレル・マインズ Parallel Minds (1993)
  • Guilt/Sundance (1995)
  • イン・ユア・マルティチュード In Your Multitude (1995)
  • フロウ Flow (1997)

キャメロット[編集]

アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

外部リンク[編集]