ロイヤル・ヨルダニアン・ファルコンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイヤル・ヨルダニアン・ファルコンズ
Royal.jordanian.falcons.arp.jpg
ロイヤル・ヨルダニアン・ファルコンズのExtra EA300
国: ヨルダン
使用機種: Walter Extra EA300
運営: アカバ開発会社
基地: アカバ空港
色: 赤と青
編成年月: 1978年11月7日

ロイヤル・ヨルダニアン・ファルコンズは、アカバ開発会社(ロイヤル・ヨルダン航空とヨルダン空軍の出資会社)が運営支援している曲技飛行隊ヨルダン政府の公的な曲技飛行隊でもある。

ヨルダンの航空技術の広報を行うために1978年11月7日に、フセイン国王によって編成された。編成当初は2機のピッツS-2Aスペシャルを使用していた(後に3機編隊となる)が、1992年から4機の Walter Extra EA300 を用いるようになった。

チームは、ヨルダン空軍パイロットが3~4年間ボランティアで従事し、整備士についてはチーム専属スタッフが行っている。

活動は主にヨーロッパを中心にツアーを行っており、毎年十数回は展示飛行を行っている。

外部リンク[編集]