ロイヤル・スランゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロイヤルセランゴール (Royal Selangor) は、マレーシアの首都、クアラルンプールを本社とするグローバル企業で、ピューター素材による各種製品の製造メーカーである。 ※オフィシャル名称は「ロイヤルセランゴール」だが、「ロイヤル・スランゴール」という表記も一部見うけられる。

ハロッズ、ジョン・ルイス(ロンドン)やマリーナベイ・サンズ(シンガポール)など世界各地に2,000店舗以上を出店。 日本では、ロイヤルセランゴール オフィシャルウェブショップ、楽天市場店、ヤフーショッピング店などの総合専門店があり、有名百貨店でも一部商品の取り扱いがある。

歴史[編集]

  • 1885年   ヨン・クーン (杨坤) によって設立
  • 1970年代 シンガポール、オーストラリアに輸出を開始
  • 1980年代 欧州、日本に輸出を開始
  • 1992年   文化的・社会的貢献への功績を賞し、マレーシア国王(スルタン)より称号として「ロイヤル」を賜り、社名を「セランゴールピューター」から「ロイヤルセランゴール」に変更

(同国で、「ロイヤル」の称号を授与された民間企業は、ロイヤルセランゴールを含め三社のみ)

ピューター工場(本社敷地内)[編集]

  • ラピドKLクラナ・ジャヤ線ワンサ・マジュ駅近くに、ピューター工場があり、内部を見学することができる。観光で訪れる人も多い(年間約15万人)。
  • 世界最大のピューター製ビールジョッキが、工場の入り口に展示されている。ギネスブックにも登録されている。
  • 本社には、250名以上の熟練工が勤務、40名以上のデザイナーチームを有する。
  • グッド・デザイン金賞(日本産業デザイン振興会)を受賞したインテリアデザイナー、エリック・マグヌッセン(スウェーデン)のシリーズもある。
  • 本社マーケティング部門によると、年間約70万個のピューターを製造。主要輸出先は、イギリス、ドイツをはじめとする欧州、北米、オーストラリアなど。
  • 主力製品は、ビアマグ、ワインゴブレット、ティーセット、茶筒、お子様用マグカップ(童話シリーズ)などの食器、フォトフレーム、アクセサリーなど。
  • マグ、箸置き、フィギュアなどの干支グッズは、日本でも人気が高い。日本酒用の徳利やぐい飲みなども発売されている(2013年秋)。

外部リンク[編集]