ロイヤル・ジェイムズ (戦列艦・3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
No Photo Available.svg
艦歴
建造: ポーツマス工廠
進水: 1675年
改名: 1691年3月7日、ヴィクトリー
その後: 1721年焼損
性能諸元[1]
クラス: 1等戦列艦
全長: 竜骨:132ft(40m)
全幅: 45ft(14m)
喫水: 18ft 4in(5.6m)
推進: 帆走(3本マストシップ
兵装: 各種口径の砲100門
性能諸元(再建造)[2]
クラス: 1等戦列艦
全長: 砲列甲板:163ft 1in(49.7m)
竜骨:135ft 11¼in(41.4m)
全幅: 45ft 4in(13.8m)
喫水: 18ft 6in(5.6m)
推進: 帆走(3本マストシップ
兵装: 各種口径の砲100門

ロイヤル・ジェイムズ (HMS Royal James) はイギリス海軍の100門1等戦列艦アンソニー・ディーンにより1675年ポーツマス工廠で進水した。1691年3月7日ヴィクトリー (HMS Victory) と改名して再就役し、1692年バルフルール岬の海戦にエドワード・スタンレー艦長のもとジョン・アシュビー提督の旗艦として参戦するなどの活動をした。

ヴィクトリーは1694年-1695年にかけてチャタム工廠で解体再建造を行った。その後ハノーヴァー家の王位継承に伴って1714年ロイヤル・ジョージ (HMS Royal George) と改名したが、翌1715年に元の名に戻される。1721年2月の火災で損傷したため、最終的に解体された。

参加海戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lavery, Ships of the Line vol.1, p161.
  2. ^ Lavery, Ships of the Line vol.1, p165.

参考文献[編集]

  • Lavery, Brian (2003) The Ship of the Line - Volume 1: The development of the battlefleet 1650-1850. Conway Maritime Press. ISBN 0-85177-252-8.

関連項目[編集]