ロイヤル・ガーデン・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Royal Garden Blues cover.jpg

ロイヤル・ガーデン・ブルース (Royal Garden Blues)」は、1919年クラレンス・ウィリアムズ (Clarence Williams) とスペンサー・ウィリアムズが作曲したブルースの歌である。オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドにより大衆化され[1]、それ以降、数々の音楽家により録音され、ジャズのスタンダードになった[2]。この歌はとりわけ初期のリフに基づくポピュラー・ソングであると考えられている[2]

クラレンス・ウィリアムズとスペンサー・ウィリアムズ(両者は他人である)は、「I Ain’t Gonna Give Nobody None o' This Jelly Roll」と「Yama Yama Blues」という2つの異なる歌を合作した。スペンサー・ウィリアムズがこの2曲の実際の作者で、クラレンスはこの歌(「ロイヤル・ガーデン・ブルース」)を出版するため著作権表示の共有を認められたと考えられている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Bix BeiderBecke: Royal Garden Blues at jazz.com - retrieved on 30 April 2009
  2. ^ a b c Royal Garden Blues at jazzstandards.com - retrieved on 30 April 2009