ロイクソップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Röyksopp
}
基本情報
出身地 ノルウェーノルウェーの旗
ジャンル シンセ・ポップ
エレクトロハウス
活動期間 1998年~現在
レーベル Astralwerks
メンバー
トルビョルン・ブラントン
スヴェイン・ベルゲ

ロイクソップRöyksopp)は、ノルウェーエレクトロデュオ1998年結成。同国トロムソ出身で、現在は主にノルウェーにおける第2の都市であるベルゲンを拠点に活動している。
アンビエントシンセ・ポップを自在に行き来するメランコリックでカラフルなエレクトロニック・ミュージックを発信し、いまや北欧を代表するダンス・アクトとして世界的な人気を誇る。

バンド名「ロイクソップ」とは、ノルウェー語で、同地に自生する「煙キノコ」を意味する。動物に踏みつけられることで胞子を飛散させ繁殖する煙キノコに不思議なインスピレーションを受けたのだという。

概要[編集]

北欧という極寒の出身地を反映するように、そのサウンドにも静謐な雰囲気が漂う。デビュー時には「氷点下のダンス・ミュージック」「マイナス15℃のエレクトロ」などといったキャッチコピーとともに紹介されていた。 デビュー作はキングス・オブ・コンビニエンスのアーランド・オイエをヴォーカルに迎えた「Poor Leno」。「Poor Leno」、「Eple」といったクラブヒットシングルを生み出し全世界で100万枚セールスを記録。

本人達はデペッシュ・モードからの強い影響を公言している。その他ニューオーダーペット・ショップ・ボーイズなども含めた往年のシンセ・ポップへの憧憬をその楽曲にも投影しており、作品リリース毎にボーカル入りの歌モノ要素が強まっている。
ライヴでは、曲によって電子ドラムを直接叩いてビートを打ち込む他、サポート・ベーシストを迎えての半バンド形態を取ることもあり、音源以上にそのフロア向けでアップビートなサウンドにより、広くテクノ~ロック・リスナーにもファンは多い。

2003年フジロックフェスティバルで初来日。2005年のフジロックでも来日し、レッドマーキーを満員に埋め尽くした。2009年3月に約4年ぶりとなるオリジナル・アルバムを発売。 2009年のフジロックでは最終日ホワイトステージのヘッドライナーを務めた。

メンバー[編集]

  • トルビョルン・ブラントン(Torbjorn Brundtland)
  • スヴェイン・ベルゲ(Svein Berge)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Melody A.M. (2001)
  • The Understanding (2005)
  • Junior (2009)
  • Senior (2010)

その他のアルバム[編集]

来日公演[編集]

外部リンク[編集]