ロアノーク工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーフォーク・サザン鉄道ロアノーク工場、2004年

ロアノーク工場(ロアノークこうじょう、英語: Roanoke Shops)は、アメリカ合衆国バージニア州ロアノークに所在する、ノーフォーク・サザン鉄道の鉄道工場である。

概要[編集]

1881年に設立され、1883年ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道によって取得された。1881年以前のロアノークは、ビッグ・リック(Big Lick)という名の小さな農村に過ぎず、アトランティック・ミシシッピ・アンド・オハイオ鉄道Atlantic, Mississippi and Ohio Railroad)の小さなが存在するだけであった。これを全て変えたのは、シェナンドー渓谷で鉄道を建設してきたシェナンドー・バレー鉄道Shenandoah Valley Railroad)がアトランティック・ミシシッピ・アンド・オハイオ鉄道を買収し、ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道へ改称し、ビッグ・リックを鉄道の合流点に選んだことであった。

町は新しい鉄道の中心として急速に発展し、ロアノークへ改称し、短期間に都市へと成長していった。巨大なロアノーク工場が建設され、およそ100年にわたってロアノーク峡谷最大の雇用者となった。

ロアノーク工場では、ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道が設備を建設し、労働者は蒸気機関車の製造技術を身につけて、鉄道会社内で蒸気機関車の製造を行っていた。1930年代を通じて労働者は6,000人を超え、1日に4両の蒸気機関車と20両の貨車を取り扱っていた。製造されたのはあらゆる大きさの機関車に及び、次第によい技術が投入され、入換用の機関車から有名な流線型のクラスJ旅客用機関車、巨大な連接式の石炭列車牽引用クラスY、高速貨物用のクラスAなどに及んだ。70年間で447両の機関車がロアノーク工場で製造された。

ノーフォーク・アンド・ウェスタン鉄道での蒸気機関車の使用が1960年に終了し、クラスJの611号とクラスAの1218号は1980年代から1990年代初めまで観光用の列車に用いられた。これらの車両は今日では製造されたロアノークの街中にあるバージニア交通博物館Virginia Museum of Transportation)に用意された、専用の展示館で保存されている。