レーラ・アウエルバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーラ・アウエルバッハ
Lera Auerbach
基本情報
出生名 ヴァレーリヤ・リヴォヴナ・アーヴェルバフ(Валерия Львовна Авербах)
出生 1973年10月21日(40歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦チェリャビンスク
職業 作曲家ピアニスト作家

レーラ・アウエルバッハLera Auerbach, 1973年10月21日 - )は、旧ソ連出身の作曲家ピアニスト作家東欧系ユダヤ人ユダヤ系ロシア人)。ロシア語名(Лера Авербах)に従うと「レーラ・アーヴェルバフ」のようになるが、日本ではドイツ語風の読みが定着している。

ウラル山脈シベリアの境目の都市チェリャビンスク出身。19世紀から20世紀までのロシアのコンポーザー=ピアニストの伝統に連なる作曲家であり、プロコフィエフショスタコーヴィチシュニトケグバイドゥーリナカンチェリと同じく、ハンス・シコルスキ社と出版契約を結んでいる。また、これまでにロシア語による詩集が6巻出版されている。

2002年5月に、ギドン・クレーメルクレメラータ・バルティカのために作曲した《ヴァイオリンとピアノ、管弦楽のための組曲》の自演でカーネギー・ホールにデビュー。それ以後、同ホールで定期的に演奏活動を続けている。デンマーク王立バレエ団の委嘱により、アンデルセン生誕200周年を記念してバレエ音楽《人魚姫》を作曲、2005年4月の初演は成功裡に終わった。また同年シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭において、ヒンデミット賞を授与された。

様々な演奏家やアンサンブル、バレエ団から作品を委嘱され、また彼女の作品は世界各地で幅広く上演されている。ソリストとしては、ボリショイ劇場モスクワ音楽院、東京オペラ・シティ、ミュンヘンヘラクレスザールケネディ・センターオスロ・コンサートホール、シカゴのシンフォニー・ホールに出演している。日本では、2004年キング・レコードと契約して、CD『トルストイのワルツ』をリリースし(現在はBIS社によって世界的に販売されている)、テレビ朝日の「報道ステーション」に出演して、文豪トルストイワルツを披露した。

外部リンク[編集]