レーモンド・マリー・シェーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レーモンド・マリー・シェーファーRaymond Murray Schafer, 1933年7月18日 - )は、カナダを代表する現代音楽作曲家サウンドスケープの提唱者。日本ではサントリー音楽財団の委嘱時に「マリー・シェーファー」と紹介されており、この呼び方が最も広まっている。

オンタリオ州サーニアで生まれる。トロントの王立音楽院で学び、後にヨーロッパ各地でも学ぶ。1964年からブリティッシュ・コロンビアサイモンフレーザー大学で教える。教育的な著書も多数で、代表的な作品は大編成の管弦楽曲「ノース・ホワイト」(1973年)や、全曲で2時間かかる「ルストロ」三部作(1971年)である。

作品はしばしばテープなどの電子音楽と組み合わせて作曲されている。日本では1983年の「東西の地平の音楽祭」で武満徹が紹介し、一躍注目された。2005年に「パトリア」と呼ばれる一連の音楽劇を完成させ、「ニューヨーク・タイムズ」から「『指輪』や『光』と並ぶ巨大オペラの傑作」と評された。

彼の合唱曲は近年、日本でもしばしばコンクールなどで演奏されている。日本の合唱団のために書かれた作品として、「自然の声 Vox Naturae」(1997年・東京混声合唱団)、「17の俳句 Seventeen Haiku」(1997年・合唱団うたおに)、「香を想う Imagining Incense」(2001年・東京混声合唱団)、「ナルキッソスとエコーの神話 The Myth of Narcissus and Echo」(2009年・東京混声合唱団)がある。

シェーファーの音楽作品はUniversal Edition、Arcana Editionsなどから出版されている。

著書[編集]

外部リンク[編集]