レンゲショウマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レンゲショウマ
Anemonopsis macrophylla.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: レンゲショウマ属 Anemonopsis
: レンゲショウマ A. macrophylla
学名
Anemonopsis macrophylla
和名
レンゲショウマ(蓮華升麻)

レンゲショウマ(蓮華升麻、学名:Anemonopsis macrophylla)は日本特産の1属1種の花。キンポウゲ科レンゲショウマ属多年草

概要[編集]

花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられた。[1]

花茎の下部に茎葉と根出葉がある。葉は二-四回三出複葉で、小葉は卵形、あらい鋸歯を持つ。

高さは80センチ程度となり、丸い蕾をつける。赤みを帯びた光沢のある薄紫の上品で気品あふれる花が、様々な方向を向いて咲く。花の直径は4センチほど。萼も花弁も共に花弁状に見える。萼は花弁状で平らに開き、花弁は抱えるように咲くため、一見では二段構えに花弁が並んでいるように見える。類似した和名の種としてユキノシタ科キレンゲショウマ(黄蓮華升麻 Kirengeshoma palmata)がある。

分布[編集]

本州(東北地方南部~近畿地方)の太平洋岸の温帯域に分布し、山地から深山のかけての湿り気のある林下に生える。複数の都道府県レッドリスト絶滅危惧種(絶滅危惧I類)や絶滅危惧II類などに指定されている[2]田中澄江が『新・花の百名山』の著書で甲武信岳を代表する花の一つとして紹介した[3]御岳登山鉄道が毎年8月に、「御岳山レンゲショウマまつり」を開催している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青梅市観光協会”. 2012年8月28日閲覧。
  2. ^ 日本のレッドデータ検索システム(レンゲショウマ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年8月5日閲覧。
  3. ^ 田中澄江新・花の百名山文春文庫、1995年6月、pp.154-157。ISBN 4-16-731304-9
  4. ^ 第12回御岳山レンゲショウマまつり”. 御岳登山鉄道. 2011年8月5日閲覧。
レンゲショウマ
聖岳下部の樹林帯にて・2001年8月