レムレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レムレース(lemures)は、ローマ神話における騒々しく有害な死者の霊または影を意味し、騒がしたり怖がらせたりするという意味で悪霊 (ラルヴァ、larva、larvae)に近い。lemures は複数形で、単数形はレムール (lemur)。レムレースは文学にもまれに使われる語で、ホラティウスの作品やオウィディウスの『祭暦』で使っている[1]。レムレースは、埋葬や葬式や心のこもった祭儀を行ってもらえなかった霊がさまよいだし恨みを抱くようになったものを意味することもある。墓や奉納文があるからといってレムレースにならないとは言えない。オウィディウスはレムレースを放浪し常に満たされず執念深い地下世界の祖先神(マネス神またはパレンテス神)と解釈していた。彼にとって、それらの信仰儀礼は不可解なほど古風で、半ば神秘的で、おそらくかなり古い伝統の根ざしているだろうことを示唆していた。後のアウグスティヌスはレムレースとラルヴァを騒がせたり怖がらせたりする悪い「マネス」だとし、一方でラレースをよい「マネス」だとした[2]

レムレースは形を持たず、ほとんど知覚できないもので、暗闇や暗闇によってもたらされる不安と結びついている。共和政時代からローマ帝国時代にかけて、5月の9日、11日、13日をレムレースを慰め、家庭内から追い払う祭り(レムーラーリア (Lemuralia) またはレムーリア (Lemuria))の日としていた。家長がその夜、立った状態で黒い豆を後ろに投げ、豆の転がっていった方向を注視しないようにする[3]。レムレースはその豆を好むものとされていた。レムレース自体は恐ろしいものであり、彼らが家長の提供したものに満足できなかった場合、青銅の壷を強打して打ち鳴らしびっくりさせることがあると言われていた[4][5][6]

レムレースに着想を得たカール・フォン・リンネキツネザル(正確にはワオキツネザル属)のラテン名を Lemur とした。これはこのが「幽霊のように凝視」する性質があり、夜行性でぞっとするような鳴き声を持つことが背景にある。彼はまた、昆虫の幼虫でイモムシ状のものを larva と呼ぶ用法を確立した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Horace, Epistles 2.2.209: Ovid, Fasti, 2.500 - 539.
  2. ^ St. Augustine, The City of God, 11.
  3. ^ 黒は地中に住むものへの提供物としては適切な色とされていた。Warde Fowler はこれを、ユーピテルの神官が生贄を捧げていた儀式が卑俗化したものと解釈した。
  4. ^ Thaniel, G., Lemures and Larvae, The American Journal of Philology, 94.2, (1973) 182–187.
  5. ^ Beard, M., North, J., Price, S., Religions of Rome, Vol 1, Cambridge, (1998), 31, 50.
  6. ^ See also W. Warde Fowler, The Roman Festivals of the period of the Republic, MacMillan (New York, 1899) – available at Questia: see Mensis Maius, 106–10: [1]