レポマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レポマン
Repo Man
監督 アレックス・コックス
脚本 アレックス・コックス
製作 ピーター・マッカーシー
ジョナサン・ワックス
製作総指揮 マイケル・ネスミス
出演者 エミリオ・エステベス
ハリー・ディーン・スタントン
音楽 ティト・ラリヴァ
スティーヴン・ハフステッター
撮影 ロビー・ミューラー
編集 デニス・ノーラン
配給 ユーロスペース
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年3月2日
日本の旗 1987年1月31日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$129,000[2]
テンプレートを表示

レポマン』(原題:Repo Man)は、1984年制作のアメリカ合衆国SFコメディ映画アレックス・コックス監督のデビュー作品。

あらすじ[編集]

ロサンゼルスパンクの青年オットーは勤めていたスーパーマーケットを解雇され、家族からは疎んじられ、悶々とした日々を過ごしていた。ある日、オットーは借金のカタとして自動車を回収する業者=レポマンのバッドという男と知り合い、自分もレポマンになる事を決める。

ある日、1台の車に高額の懸賞金がかけられ、オットーたちは色めき立つ。商売仇との駆け引きの末、車の回収に成功したオットーたちであったが、その車には何と宇宙人の死体が積まれていた。オットーたちは政府の手先の組織から狙われるはめになる。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]