レベッカ・メンデルスゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レベッカ・メンデルスゾーン
Rebecka Mendelssohn
生誕 1811年4月11日
自由都市ハンブルクの旗 自由都市ハンブルク
死没 1858年12月1日(満47歳没)
ハノーファー王国の旗 ハノーファー王国 ゲッティンゲン
配偶者 ペーター・グスタフ・ディリクレ
アブラハム
親戚 フェリックス、姉ファニー

レベッカ・ヘンリエッテ・ディリクレRebecka Henriette Dirichlet, 1811年4月11日 - 1858年12月1日)、旧姓メンデルスゾーンMendelssohn)は、モーゼス・メンデルスゾーンの孫、ファニーフェリックス・メンデルスゾーンの妹として知られる女性。

生涯[編集]

レベッカはハンブルクに生まれた[1]1816年に両親が彼女に洗礼を受けさせ、その時にレベッカ・ヘンリエッテ・メンデルスゾーン・バルトルディという名前になった[2]。彼女は父アブラハムと母レアドイツ語版(Lea)の有名なサロンに参加するようになり、ドイツで知的文化の創造が盛んだった時代に重要な役割を果たした音楽家画家科学者らとの社会的交流を行った。1829年には、自宅で行われたフェリックスのジングシュピール異国からの帰郷英語版」の初演で傍役を務めた。彼女は後にこう記している。

私の兄と姉が私の芸術家としての名声を奪ってしまいました。うち以外の家系に生まれていれば、私は音楽家として高く評価され、もしかしたら組織を率いていたかも知れません。フェリックスとファニーが隣にいることで、私には認められようという望みを抱くことなど全くできなかったのです[3]

1832年、レベッカはアレクサンダー・フォン・フンボルトの紹介でメンデルスゾーン家を訪れた数学者ペーター・グスタフ・ディリクレと結婚した[4]。彼女はゲッティンゲンで没した。

脚注[編集]

出典

  1. ^ Todd (2003), 28
  2. ^ Todd (2003), 33
  3. ^ cited in Mercer-Taylor (2000), 66
  4. ^ Todd (2003), 192

出典[編集]