レヒ川の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レヒ川の戦い
戦争三十年戦争
年月日1632年4月15日(旧暦4月5日)
場所レヒ川近郊、ドイツバイエルン
結果:プロテスタント軍の勝利
交戦勢力
スウェーデン
ドイツ・プロテスタント諸侯
神聖ローマ帝国
指揮官
グスタフ・アドルフ ティリー伯ヨハン・セルクラエス
マクシミリアン1世
戦力
不明 不明
損害
不明 不明
ティリー負傷(のち死亡)
スウェーデン戦争

レヒ川の戦い(レヒがわのたたかい, Schlacht bei Rain am Lech)とは、三十年戦争における1632年4月15日旧暦4月5日)のドイツレヒ川における戦いである。グスタフ2世アドルフ率いるスウェーデン軍及びプロテスタント諸侯の連合軍とティリー伯ヨハン・セルクラエス率いる神聖ローマ帝国軍が交戦し、スウェーデン軍が勝利した。この戦いでティリー伯は負傷、後に死亡した。

概要[編集]

1631年9月17日ライプツィヒの北方、ブライテンフェルトでティリー伯率いる皇帝軍を撃退したスウェーデン軍は、バイエルンへと転じマインツで陣を張った。ここでグスタフ・アドルフの軍にプロテスタント諸侯が同盟を結び、瞬く間に兵力は10万に達した。翌1632年にティリー伯の攻撃を受けたが、皇帝軍を蹴散らし、敗走する皇帝軍を追撃し、4月にレヒ川河畔で皇帝軍を捕捉した。

4月15日、グスタフ・アドルフは攻撃を命令し、両者は戦闘状態に入った。ここでグスタフ・アドルフは、自陣の河岸が相手より高いのに目を付け、百門の大砲で相手の陣を狙い撃ちにさせた。ティリー伯は序盤の戦闘で負傷し、後方へと運ばれた。指揮はアルドリンガーが引き継いだが、まもなく彼も負傷、バイエルン公マクシミリアン1世自身が指揮を執らざるを得なくなった。

その最中、大砲と煙幕に援護されたフィンランド兵が、レヒ川の強行渡河に成功し、皇帝軍に強襲を仕掛けた。皇帝軍は相次ぐ高級将校の負傷によって、指揮系統に不備が生じており、この攻撃を支えきれなくなった。さらにスウェーデン軍の本隊が渡河してくるに及び、マクシミリアン1世は撤退を命令、皇帝軍は総崩れとなった。ティリー伯はインゴルシュタットに運ばれたが、その傷は重く、回復できぬまま4月30日に死亡した。

この戦闘で皇帝軍は、壊滅的な損害を被った。何よりティリー伯の戦死が響いた。カトリック側は窮地に陥ったのである。神聖ローマ皇帝フェルディナント2世は狼狽し、罷免したヴァレンシュタインに復職を要請したのである。ヴァレンシュタインは、自前の傭兵軍にバイエルン軍を加えて戦線に復帰した。グスタフ・アドルフ率いるプロテスタント連合軍は、バイエルンへ向かい、そこでヴァレンシュタインと対峙することになる。