レパルスベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レパルスベイ

レパルスベイ(淺水灣)は、香港の南区(香港島南部)にあるの海湾の1つ。ハリウッド映画「慕情」の舞台となった。海水浴場として有名で多くの観光客が訪れる。深水湾の東南で、南湾の北に位置し、海水浴場の他に多くの高級住宅が建てられている。

地名の由来[編集]

レパルスベイの由来は、中国名「浅水湾」の文字通り水深が比較的に浅いためである。浅水湾の砂浜は弓なりになっており砂浜が続いている。英文名「RepulseBay」は、1840年代かつてこの湾で停泊した英国海軍の軍艦「HMSRepulse」から名づけられた。香港の日本占領時代には、緑之浜(日本語で緑ヶ浜)に改名された。

発展状況[編集]

1930年代に撮影されたレパルスベイ

1918年、香港大酒店有限公司は、レパルスベイに別荘式のホテル開業、海浜リゾートとして発展した。同時に香港政府も海水浴場として整備し、海砂を敷いたり更衣室を建設した。[1]

レパルスベイホテルは典型的な英国様式の建築として1920年に落成した。海水浴客をひきつける為、セントラルとの間をバス路線で結び、香港としてはいち早くバス路線が整備された。また、太平洋戦争中は香港の戦いにおいて重要な防衛拠点となった。

レパルスベイは現在、康楽及文化事務署が管轄する海水浴場の1つとして、海水浴シーズンには更衣室とシャワーの施設があって、ライフセーバーが監視にあたる。また砂浜はビーチバレー場も設置され、ファースト・フードなどの店や海の家が並ぶ。海水浴場は弓型(三日月型)を呈していて、その砂浜の大部分は人口砂浜である。昔は水質の良好な浜とは言えなかったが、1989年より大腸菌指数は大幅に下落し、著しい改善がみられ、それ以降は環境保護署に海水浴場として「良好」と評価されている。

旧レパルスベイホテルは、1982年にThe Repulse Bay(影灣園)として再建された。古建築の風格は保持している。海水浴場の東端には1970年代中期に鎮海楼公園が建設され、中国の古典的色彩の強い大きな天后娘娘(媽祖)と観音像を建立した。

景観[編集]

レパルスベイ全景、砂浜東端より
レパルスベイ全景、砂浜西端より

注釈[編集]

  1. ^ 呉昊(2001年):《老香港·歲月留情》、17-18頁、香港次文化堂刊。ISBN 962-7420-23-9

座標: 北緯22度13分50秒 東経114度11分10秒 / 北緯22.23056度 東経114.18611度 / 22.23056; 114.18611