レバノン郡 (ペンシルベニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペンシルベニア州レバノン郡
レバノン郡の位置を示したペンシルベニア州の地図
郡のペンシルベニア州内の位置
ペンシルベニア州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1813年2月16日
郡庁所在地 レバノン
最大の都市 レバノン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

940 km2 (363 mi2)
938 km2 (362 mi2)
3 km2 (1 mi2), 0.20%
人口
 - (2010年)
 - 密度

133,568人
142.3人/km2 (369人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.lebcounty.org/Pages/default.aspx

レバノン郡: Lebanon County)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州の中央部東に位置するである。2010年国勢調査での人口は133,568人であり、2000年の120,327人から11.0%増加した[1]郡庁所在地レバノン市(人口25,477人[2])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

レバノン郡はレバノン大都市圏に属し、さらにハリスバーグカーライル・レバノン広域都市圏に入っている。

歴史[編集]

レバノン郡は1813年2月16日にドーフィン郡ランカスター郡の一部を合わせて設立され、さらに1814年と1821年には境界の微修正があった[3]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は363平方マイル (940.2 km2)であり、このうち陸地362平方マイル (937.6 km2)、水域は1平方マイル (2.6 km2)で水域率は0.20%である[4]。郡内をスワタラ・クリークとその支流が流れている。郡域の大半は河川のバレーである[5]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1820 16,988
1830 20,557 21.0%
1840 21,872 6.4%
1850 26,071 19.2%
1860 31,831 22.1%
1870 34,096 7.1%
1880 38,476 12.8%
1890 48,131 25.1%
1900 53,827 11.8%
1910 59,565 10.7%
1920 63,152 6.0%
1930 67,103 6.3%
1940 72,641 8.3%
1950 81,683 12.4%
1960 90,853 11.2%
1970 99,665 9.7%
1980 108,582 8.9%
1990 113,744 4.8%
2000 120,327 5.8%
2010 133,568 11.0%
[6][7]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 120,327人
  • 世帯数: 46,551 世帯
  • 家族数: 32,771 家族
  • 人口密度: 128人/km2(332人/mi2
  • 住居数: 49,320 軒
  • 住居密度: 53軒/km2(136軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:45.6%
  • アメリカ人:11.8%
  • アイルランド系:6.1%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.7%
  • 18-24歳: 8.2%
  • 25-44歳: 28.0%
  • 45-64歳: 23.7%
  • 65歳以上: 16.4%
  • 年齢の中央値: 39歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.0
    • 18歳以上: 91.7

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 30.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 57.4%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.2%
  • 非家族世帯: 29.6%
  • 単身世帯: 25.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.1%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.49人
    • 家族: 2.98人

郡政府と政治[編集]

レバノン郡はアメリカ合衆国下院議員ペンシルベニア州第6および第15選挙区に属し、2013年時点ではいずれも共和党議員を選出している。ペンシルベニア州議会上院では第48選挙区に属しており、下院では第101および第102選挙区に属している。2013年時点で上院は共和党、下院も共和党2人が独占している。

郡政府[編集]

レバノン郡は3人の委員で構成される郡政委員が統治している。委員の任期は4年間であり、選挙は民主党、共和党各2人、合計4人の候補者から3人が選ばれる。そのた選挙で選ばれる役人としては、監査官、保安官、検視官、主席書記官、裁判所事務官、登記官、財務官、陪審員委員がある。

有権者登録[編集]

2008年11月時点で、郡内の登録有権者数は82,394 人だった[8]

  • 共和党: 44,228 (53.68%)
  • 民主党: 27,646 (33.55%)
  • その他の政党: 10,520 (12.77%)

選挙の歴史[編集]

レバノン郡は州内でも共和党を最も強く支持してきた歴史がある。1936年以降のアメリカ合衆国大統領選挙で、民主党候補がレバノン郡を制したことは無い。この年は民主党のフランクリン・ルーズベルト大統領が再選を求め、大勝したときだった。1964年でも共和党のバリー・ゴールドウォーターを支持した州内4郡の1つになった。他にはスナイダー郡ユニオン郡ウェイン郡があるきりだった。

2006年のアメリカ合衆国上院議員選挙では共和党現職のリック・サントラムに郡投票総数の55.1%、21,756票を投じ、対する民主党ボブ・ケイシー・ジュニアは44.9%、17,737票だった。ただし、州全体ではケイシーが当選した。同年の州知事選挙でも、共和党のリン・スワンが57.5%、22,775票を獲得し、民主党のエド・レンデルは42.5%、16,813票だった。これもレンデルが当選した[9]

2004年アメリカ合衆国大統領選挙では、共和党のジョージ・W・ブッシュが66.6%、37,089票を獲得し、民主党のジョン・ケリーは32.5%、18,109票だった。同年のアメリカ合衆国上院議員選挙では、共和党のアーレン・スペクターが66.8%、35,336票、民主党のジョー・ホーフェルが24.9%、13,182票、立憲党のジム・クライマーが6.3%、3,320票、リバタリアン党のベッツィ・サマーズが2.0%、1,083票という結果だった[10]2008年アメリカ合衆国大統領選挙では、共和党のジョン・マケインが58.59%、34,314票を獲得し、民主党のバラク・オバマは39.8%、23,310票だった[11]

都市と町[編集]

レバノン郡の自治体、ボロは赤、タウンシップは白、国勢調査指定地域は青

ペンシルベニア州法の下では4種類の自治体がある。市、ボロ、タウンシップ、町である。

都市[編集]

ボロ[編集]

  • クレオナ
  • コーンウォール
  • ジョンズタウン
  • マウントグレトナ
  • マイアーズタウン
  • パルミラ
  • リッチランド

タウンシップ[編集]

  • アンビル
  • ベセル
  • コールドスプリング
  • イーストハノーバー
  • ハイデルバーグ
  • ジャクソン
  • ミルクリーク
  • ノースアンビル
  • ノースコーンウォール
  • ノースレバノン
  • ノースロンドンデリー
  • サウスアンビル
  • サウスレバノン
  • サウスロンドンデリー
  • スワタラ
  • ユニオン
  • ウェストコーンウォール
  • ウェストレバノン

国勢調査指定地域[編集]

国勢調査指定地域はアメリカ合衆国国勢調査局が人口統計データを取るために設定した地域である。州法の下では実際の司法権が及ぶ範囲ではない。村などその他の未編入領域も下記に挙げる。

  • アンビル
  • エイボン
  • キャンベルタウン
  • フォートインディアンタウンギャップ
  • フレデリックスバーグ
  • ヘブロン
  • レバノンサウス
  • マウントグレトナハイツ
  • ニューマンズタウン
  • プレザントヒル
  • クエンティン
  • サンドヒル
  • シェーファーズタウン
  • ティンバーヒルズ

教育[編集]

レバノン郡教育学区の区分図

高等教育機関[編集]

  • ハリスバーグ地域コミュニティカレッジ・レバノン校
  • レバノンバレー・カレッジ
  • エバンゲリカル神学校

公共教育学区[編集]

  • アンビル・クレオナ教育学区
  • コーンウォール・レバノン教育学区
  • 東レバノン郡教育学区
  • レバノン教育学区
  • 北レバノン教育学区
  • パルミラ地域教育学区

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度22分 西経76度28分 / 北緯40.37度 西経76.46度 / 40.37; -76.46