レネ・アルレドンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レネ・アルレドンド
基本情報
本名 レネ・ルイス・アルレドンド
階級 スーパーライト級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1961年6月15日(53歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ミチョアカン州アパチンガン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 58
勝ち 46
KO勝ち 40
敗け 12
テンプレートを表示

レネ・アルレドンドRene Arredondo1961年6月15日 - )は、メキシコの元プロボクサーミチョアカン州アパチンガン出身。元WBC世界スーパーライト級王者。身長181cmという長身と、長いリーチを生かしたストレートを武器として驚異的なKO率を誇った。しかし、その反面打たれ弱さを持ち合わせ、長期政権を築くことはできなかった。

来歴[編集]

1961年6月15日、メキシコミチョアカン州アパチンガン出身。

1979年11月15日、プロデビュー。プロデビューから19連勝を果たした。

1982年10月13日、プロ初黒星を喫した。

1986年5月5日、WBC世界スーパーライト級王者ロニー・スミス指名挑戦者として対戦し、得意の右ストレートで5回TKO勝ち。王座を獲得した。

1986年7月24日、初防衛戦を両国国技館浜田剛史と行い、1回KO負けを喫し王座から陥落した。

1987年7月22日、王者浜田と前王者たる指名挑戦者として再戦を行い、6回TKO勝ちを収め、王座返り咲きに成功した。

1987年11月12日、初防衛戦をロジャー・メイウェザーと対戦し、6回TKO負けを喫し王座から陥落した。

1997年6月8日、カルロス・パロミノに1回KO負けを喫し、引退した。

スタイル[編集]

長身のストレート・パンチャー。スピードには欠けるものの、固いガードから巧みな左リードパンチを放ち、続く右ストレートの打ち降ろしと切り返しの左フックは強烈だった。

親族[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ロニー・スミス (ボクサー)
第17代WBC世界スーパーライト級王者

1986年5月5日 - 1986年7月24日

次王者
浜田剛史
前王者
浜田剛史
第19代WBC世界スーパーライト級王者

1987年7月22日 - 1987年11月12日

次王者
ロジャー・メイウェザー