レニー・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レニー・ハリス
Lenny Harris
Lenny Harris.JPG
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 1964年10月28日(49歳)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1983年 ドラフト5巡目
初出場 1988年9月7日
最終出場 2005年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

レニー・ハリス(Leonard Anthony Harris:レナード・アンソニー・ハリス、1964年10月28日 - )は、元MLBの選手。右投左打の内野手アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身。

経歴[編集]

1983年6月6日に、ドラフト5巡目でシンシナティ・レッズから指名を受けた。そして、2日後の6月8日、正式に選手契約を結んだ。その後はマイナーリーグで経験を積んで、プロ6年目となる1988年に、レッズでメジャーデビューを果たした。対戦相手はサンディエゴ・パドレスで、ハリスは代走としての試合出場だった。1988年は、43打数という限られたチャンスの中で16安打を放ち、.372という高い打率を記録した。1988年に、シュアなバッティングを見せた為、メジャー2年目の1989年は開幕からレギュラー格の選手として試合に出場。しかし、61試合で打率.223と奮わず、6月18日カル・ダニエルズ外野手と共にロサンゼルス・ドジャースへとトレードされてしまった(この時の交換要員はティム・リアリー投手とマリアーノ・ダンカン内野手)。ドジャースへ移籍した後も、54試合で.252と平凡な数字に終わった。しかし、開幕からドジャースで試合に出場出来た1990年は、打数が400を越え、.300台の打率をマーク。巧打者として、まずまずの働きを見せた。その後1992年まではまずまずの数字を残していたが、1993年になって成績が急落。フリーエージェントとなる年に結果を残せなかった。

10月8日に、FAとなったハリスは年内に契約をまとめる事に成功。12月1日に、古巣のレッズと契約を結んだ。カムバック1年目となった1994年ストライキのあったシーズン。それも影響してか66試合の出場に留まったが、打率は再び.300台に乗った。だが、翌1995年は再び不振に陥り、.200前半の打率しか残せなかった。1996年は準レギュラーと呼べる程度に試合に出場。まずまずの働きを見せたが、打率が.300台に戻る事はなかった。シーズンオフの10月31日にFAとなり、同年の11月13日にレッズと契約を結んだ。1997年1998年とまずまずの働きを見せていたハリスだったが、1998年7月3日ジョン・フーデック投手と交換にニューヨーク・メッツへとトレードされた。メッツでは、打率こそ低調だったものの75試合で6本塁打を放ち、パワーをアピールした。同年の10月31日にFAとなり、11月9日コロラド・ロッキーズと契約を結んだ。ロッキーズで.300に迫る打率を記録していたハリスだったが、またもやシーズン途中にトレードされる羽目に。8月31日に、マイナーリーガーのベルバーニ・マルティネスと交換にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへと移った。

ダイヤモンドバックス移籍後は、29打数11安打で.379という打率をマーク。シーズントータルの打率を.300に乗せた。2000年も引き続き、ダイヤモンドバックスで開幕を迎えたハリスだったが、36試合で打率.188と極度の不振に陥り、7月2日ビル・パルシファー投手と交換に、メッツに移籍。自身2度目となったメッツでのシーズンは、76試合に出場して.300台の打率を維持した。3年連続でのシーズン中トレードから解放されたハリスは、2001年をメッツで過ごしたが、打率.222と期待に応える事は出来なかった。その不振が祟ってか、2002年は開幕前から猛烈なトレード劇に巻き込まれた。

トレードの内約:1月21日に実施。メッツがグレンドン・ラッシュ投手をミルウォーキー・ブルワーズに放出。メッツがベニー・アグバヤニ外野手とトッド・ジール内野手+金銭をロッキーズに放出。ロッキーズがクレイグ・ハウス投手とロス・グロード内野手をメッツに放出。ロッキーズがアレックス・オチョア外野手をブルワーズに放出。ブルワーズがジェフ・ダミーコ投手とジェロミー・バーニッツ外野手、ルー・コーリアー内野手、マーク・スウィーニー外野手+金銭をメッツに放出。なおこのトレードには日本に馴染みの深い選手であるベニー・アグバヤニ(千葉ロッテマリーンズ)と、アレックス・オチョア(元中日ドラゴンズ)が絡んでいた。

この大型トレードでラッシュと共にブルワーズへと移籍したハリスは、122試合に出場して.305という打率をマーク。打数こそ200に届かなかったものの、ベテラン内野手として渋い働きをみせた。シーズンオフの10月28日、FAとなり、年明けの1月27日シカゴ・カブスと契約した。しかし、極度の不振に陥ってしまい、8月2日にカブスを解雇されてしまった。そのハリスに救いの手を差し伸べたのはフロリダ・マーリンズ8月11日に再びメジャーへの切符を手にしたハリスだったが、出場機会も極小に留まり、結果を残す事が出来なかった。2003年11月5日にFAとなったハリスは、2004年1月2日にマーリンズと再契約を結んだ。しかし、結果を残す事が出来ず、年齢的にも限界の近づいて来たハリスは、2005年10月27日にFAに。いよいよ終わりの時かと思われたが、12月7日にマーリンズと再々契約を結ぶ事が出来た。不惑を迎えたハリスは、少ない出場機会で.300を越える打率をマーク。しかし、2006年3月29日にマーリンズを解雇された。

選手としての特徴[編集]

打者としてのタイプは、三振の少ない巧打者タイプ。出場試合数及び打数にバラつきがあるとはいえ、.300を超える打率を6度マークしたことがある。しかし、パワーはなく、1シーズンでの最多本塁打は6本が最高である。足の速さは、平均以上。若かった頃には何度となく2ケタ盗塁を記録している。守備では、現役時代はサードセカンドを始め、外野守備に就く機会も多かった。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 CIN 16 51 43 7 16 1 0 0 17 8 4 1 1 2 5 0 0 4 0 .372 .420 .395 .815
1989 61 199 188 17 42 4 0 2 52 11 10 6 1 0 9 0 1 20 5 .223 .263 .277 .540
LAD 54 159 147 19 37 6 1 1 48 15 4 3 0 0 11 0 1 13 9 .252 .308 .327 .635
'89計 115 358 335 36 79 10 1 3 100 26 14 9 1 0 20 0 2 33 14 .236 .283 .299 .582
1990 137 465 431 61 131 16 4 2 161 29 15 10 3 1 29 2 1 31 8 .304 .348 .374 .722
1991 145 485 429 59 123 16 1 3 150 38 12 3 12 2 37 5 5 32 16 .287 .349 .350 .699
1992 135 380 347 28 94 11 0 0 105 30 19 7 6 2 24 3 1 24 10 .271 .318 .303 .621
1993 107 176 160 20 38 6 1 2 52 11 3 1 1 0 15 4 0 15 4 .238 .303 .325 .628
1994 CIN 66 106 100 13 31 3 1 0 36 14 7 2 0 1 5 0 0 13 0 .310 .340 .360 .700
1995 101 215 197 32 41 8 3 2 61 16 10 1 3 1 14 0 0 20 6 .208 .259 .310 .569
1996 125 333 302 33 86 17 2 5 122 32 14 6 6 3 21 1 1 31 3 .285 .330 .404 .734
1997 120 263 238 32 65 13 1 3 89 28 4 3 3 2 18 1 2 18 10 .273 .327 .374 .701
1998 57 133 122 12 36 8 0 0 44 10 1 3 0 2 8 2 1 9 8 .295 .338 .361 .699
NYM 75 184 168 18 39 7 0 6 64 17 5 2 4 2 9 1 1 12 5 .232 .272 .381 .653
'98計 132 317 290 30 75 15 0 6 108 27 6 5 4 4 17 3 2 21 13 .259 .300 .372 .672
1999 COL 91 164 158 15 47 12 0 0 59 13 1 1 0 0 6 0 0 6 7 .297 .323 .373 .696
ARI 19 30 29 2 11 1 0 1 15 7 1 0 0 1 0 0 0 1 0 .379 .367 .517 .884
'99計 110 194 187 17 58 13 0 1 74 20 2 1 0 1 6 0 0 7 7 .310 .330 .396 .726
2000 36 91 85 9 16 1 1 1 22 13 5 0 0 3 3 1 0 5 3 .188 .209 .259 .468
NYM 76 157 138 22 42 6 3 3 63 13 8 1 2 0 17 1 0 17 4 .304 .381 .457 .838
'00計 112 248 223 31 58 7 4 4 85 26 13 1 2 3 20 2 0 22 7 .260 .317 .381 .698
2001 110 143 135 12 30 5 1 0 37 9 3 2 0 0 8 0 0 9 3 .222 .266 .274 .540
2002 MIL 122 215 197 23 60 8 2 3 81 17 4 1 1 1 14 1 2 17 4 .305 .355 .411 .766
2003 CHC 75 146 131 11 24 3 0 1 30 7 1 0 1 1 13 3 0 20 1 .183 .255 .229 .484
FLA 13 17 14 3 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 3 0 0 1 1 .286 .412 .286 .698
'03計 88 163 145 14 28 3 0 1 34 8 1 0 1 1 16 3 0 21 2 .193 .272 .234 .506
2004 79 99 95 7 20 5 0 1 28 17 0 0 0 1 3 0 0 8 2 .211 .232 .295 .527
2005 83 78 70 5 22 4 0 1 29 13 0 1 0 0 7 1 1 11 3 .314 .385 .414 .799
通算:18年 1903 4289 3924 460 1055 161 21 37 1369 369 131 54 44 25 279 26 17 337 112 .269 .318 .349 .667

外部リンク[編集]