レナ・ハデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レナ・ハデス, 2013.

レナ・ハデス(筆名):Lena Hades, ロシア語(本名):Лена Хейдиз Lena Chejdiz リェーナ・ヘイジス, 1959年10月2日 - )は、ベラルーシ出身のロシアの画家、作家、芸術理論家である。ユダヤ系

ハデスは、フリードリッヒ・ニーチェの著作である『ツァラトゥストラはかく語りき (Also Sprach Zarathustra) 』を主題として、油彩水彩等で、40を越える作品を制作している。

ロシア語ドイツ語の二カ国語で記されたニーチェに関する著作が、20作から成るハデスの絵画群を掲載して、ロシア科学アカデミー哲学協会によって、2004年に出版されている。

画家の作品はまた、国立トレチャコフ美術館モスクワ近代美術館、現代美術ナショナル・センター、国立プーシキン美術館等に所蔵されている。油彩とグラフィックによる絵画群『ツァラトゥストラはかく語りき (Also Sprach Zarathustra) 』は、第一回現代美術モスクワ・ビエンナーレで展示された。

ハデスは現在、ロシアのモスクワに居住し、創作に携わっている。

作品ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]