レトロフューチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レトロフューチャー的なロケット
(2005年、ベルリンで開催されたWikipediaのイベントにて展示されたもの)

レトロフューチャーRetro-futurism、またはretro-future)とは、懐古趣味(レトロ)的な未来(フューチャー)像のこと。

概要[編集]

1980年代頃から流行しはじめた、「19世紀後期から20世紀中期までの人々が描いた未来像」への懐古趣味や、当時のそういった描写を好み熱中する(現実の未来と比較し、郷愁性を楽しむ)ことを指す。広義で昨今のSF作品の1ジャンルであるスチームパンク(逆に、現代の視点から過去の科学技術をピックアップし、平行世界の過去・現代・架空の先史文明に登場させる手法)を含める場合もある。

背景[編集]

1930年代から1970年代前半にかけ、人類の科学技術の発達や革新的技術による先進的な未来像への盲信的な憧れや信頼感を持った時代が存在し、多くの人々は原子力の平和利用・プラスチック製品の普及・宇宙開発などに強い憧れを持ち、これらを強く支持した。

1950年代アメリカで、SFパルプ雑誌が表紙や掲載小説の挿絵で描いた、未来における架空の市民社会像が人気を博した。多くの作品で登場した、空飛ぶ自動車のデザインを時の大手自動車メーカーが試作車デザインに採り入れ、国際博覧会などのイベントで展示した。するとこの斬新で華美な外観が人気となった。そして多くの要望を受け商品化。のちに一世を風靡したのが、垂直尾翼の様なテールフィンをデザインに採用した往年のアメリカ車である。デザイナーのレイモンド・ローウィは流線形デザインを工業デザイン製品へとうつし込み、未来的なイメージを量産した。

しかし、当時は遥か未来だった21世紀の現実は、必ずしも「かつて思い描いていたバラ色の未来」とはなっていない。科学万能の夢が公害・環境破壊・経済の低迷などの現実に破れ、冷戦終結後も民族主義紛争などに起因するテロリズムが横行し、すぐにでも実現するはずだった宇宙旅行や惑星開発に至っては一向に進展を見せないからである。これからの社会の将来や世界情勢に明るい希望が持てない不安の裏返しとして、レトロフューチャーという流行はこれらの「かつての、希望と躍動に満ちあふれた未来を思い描いた時代」への一種の『郷愁』の対象として見ている現象の一つであるとも言える。

東欧ロシアといった旧社会主義国家でも、同時代には科学万能社会を描いたりモチーフとした芸術が出現した。一例として、1972年に製作されたイワン・アクセンチュク監督作品の短編アニメ「電化を進めよ[1]が代表作のひとつに挙げられる[2]

後年の社会主義の失墜によって生じた幻滅・失望の時代を経て、再び当時の雰囲気を懐古する風潮があり、これも一種のレトロフューチャーとも言える。例えば、旧東ドイツ地域にとってのオスタルギーがこれに当たる。

脚注[編集]

  1. ^ 参考映像
  2. ^ 同作品は2011年春より、「ロシア革命アニメーション 1924-1977 ロシア・アヴァンギャルドからプロパガンダへ」Aプログラム収録作品のひとつとして、全国のミニ・シアター系映画館での上映、及び同名DVD発売が予定されている。<公式サイト>

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]