レティシア・ユベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif レティシア・ユベール
Laëtitia HUBERT
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: フランスの旗 フランス
生年月日: 1974年6月23日(40歳)
出生地: パリ
身長: 159 cm
元コーチ: Annick Gailhaguet
Pierre Trente
元振付師: Mary Scotvold
引退: 2002年

レティシア・ユベールLaëtitia Hubert1974年6月23日 - )は、フランス出身の女性フィギュアスケート選手で、現在はフィギュアスケートのテクニカル審判員。1992年アルベールオリンピックから2002年ソルトレイクシティオリンピックまで4大会連続女子シングルフランス代表。1991年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。なお、名前の本来の読みはフランス語ラエティティア・ユベールである。

経歴[編集]

3歳でスケートを始める。1990年のヨーロッパフィギュアスケート選手権でシニアデビューを果たす。地元フランスで開催されるアルベールビルオリンピックの参加枠が掛かった、1991年世界フィギュアスケート選手権では、オリジナルプログラム(現・ショートプログラム)のウォーミングアップ中に後方から来た伊藤みどりと激突した影響により、26位となる予選落ちを喫してしまう。しかし同僚のスルヤ・ボナリーがこの大会で5位になったため、フランス代表の女子シングル枠は2枠を獲得した。

翌1992年の世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝。同年のアルベールオリンピックではオリジナルプログラムで5位と好スタートを切るが、フリースケーティングで大きく崩れ、12位に留まった。

1994年、リレハンメルオリンピックでは17位に終わる。

1997年、ラリック杯で優勝。ISUチャンピオンシリーズファイナルの補欠となった。同大会を前に出場権があったミシェル・クワンが欠場を決めたため、補欠のユベールに出場の機会がめぐってきたが、出場は見送った。

1998年、長野オリンピックは20位と惨敗。特にフリーではジャンプが殆ど成功出来ず、途中から戦意喪失のような演技となってしまうが、NHKテレビ中継解説の佐藤有香は「彼女のあの態度は選手として恥ずかしい事です」と手厳しいコメントを述べていた。

2002年ソルトレイクシティオリンピックでは15位。オリンピックには4大会連続出場を果たし、長野五輪では酷評をした佐藤有香も「長期間選手としての身体能力を維持できたことは素晴らしい」と評価した。ただオリンピックで結果を残せたとは言い難く、1度も8位以内の入賞はならなかった。同2002年世界フィギュアスケート選手権の出場を最後に現役引退。なお世界選手権は過去9回出場し、1992年と1998年の4位が最高位だった。

現在はテクニカル審判員、コーチとして活動を続けている。2011年、アメリカ・アトランティック・シティでのthe 2011 Caesars Tribute Showでプロスケートに復帰した。

主な戦績[編集]

大会/年 89-90 90-91 91-92 92-93 93-94 94-95 95-96 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02
冬季オリンピック 12 17 20 15
世界選手権 21 26 4 棄権 6 6 4 17 12
欧州選手権 14 10 6 11 12 12 棄権 8
ラリック杯 3 1
フランス選手権 2 2 2 3 3 3 4 1 1 2 2
世界Jr.選手権 6 6 1

シニア[編集]

外部リンク[編集]