レッド・サイレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッド・サイレン
La Sirène rouge
監督 オリヴィエ・メガトン
脚本 ノーマン・スピンラッド
ロバート・コンラス
アラン・ベルリネール
オリヴィエ・メガトン
製作 キャロル・スコッタ
シモン・アルナル
音楽 ニコラス・ビキアロ
撮影 ドゥニ・ルーダン
編集 ヤン・ヘルヴェ
Stéphanie Gaurier
配給 日本の旗 コムストック
公開 フランスの旗 2002年8月21日
日本の旗 2003年10月4日
上映時間 114分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
ポルトガル語
テンプレートを表示

レッド・サイレン』(原題: La Sirène rouge)は、2002年フランスの映画。1993年に発売されたモーリス・G・ダンテックの同名小説を原作としている。

あらすじ[編集]

ヒューゴーは裕福な家庭に育ちながら傭兵組織『自由の鐘』の一員としてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争に参加するが、戦闘中に非武装の子供を撃ち殺して以来仕事からは遠ざかるようになっていた。

アニータ警部補の前に、アリスという少女が現れる。アリスは政界と太いパイプを持ち、武器売買や傭兵とのコネクションを持つエバという女の娘であり、アリスの手にはエバの下で働いていたメイドが惨殺されるというDVDが渡される。アリスは警察に保護されるが、エバに引き渡されることを恐れた彼女は逃亡。待ち構えていたエバの手下との逃走劇の果てに、たまたま隠れた車の持ち主であるヒューゴーに助けられることになる。

ヒューゴーは死んだとされていた彼女の父親のいるポルトガルへと向かうが、エバは既にボント大佐率いる傭兵部隊をポルトガルに送っていた。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]