レッドスノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッドスノー
タイプ 核弾頭
開発国 イギリスの旗 イギリス
配備先 イギリス空軍
開発・生産
配備期間 1961年-1972年
生産数 150発(推測)
要目
核出力 Mt級
弾頭 熱核弾頭
テンプレートを表示

レッドスノー(Red Snow)はイギリスが開発した核弾頭熱核弾頭であり、核爆弾および核ミサイル弾頭部として用いられた。

イギリスとアメリカ合衆国は1958年9月に核兵器に関する情報交換に合意しており、その一環で提供されたアメリカ製W28(核出力:最大1.45Mt)核弾頭の設計を参考にしているとされる[1]

イギリス空軍の大型爆撃機向け兵器の弾頭であり、ブルースチール空対地ミサイルおよびイエローサンMk.2(Yellow Sun)核爆弾に格納されている。1961年から1972年まで配備に付けられていた。後継としてWE.177核爆弾が配備されている。

脚注[編集]

  1. ^ http://web.archive.org/web/20070607113254/www.awe.co.uk/main_site/about_awe/history/timeline/1961a/index.html