レッツ・ダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッツ・ダンス
デヴィッド・ボウイスタジオ・アルバム
リリース 1983年4月14日
録音 1982年12月
Power Station Studios, New York
ジャンル ロック
時間 3941
レーベル EMI
プロデュース デヴィッド・ボウイ
ナイル・ロジャース
専門評論家によるレビュー
  • All Music Guide 3 out of 5 stars link
  • Rolling Stone 4 out of 5 stars link
チャート最高順位
ゴールド等認定
デヴィッド・ボウイ 年表
美しき魂の告白
1980年
レッツ・ダンス
1983年
トゥナイト
1984年
レッツ・ダンス 収録の シングル
  1. キャット・ピープル
    リリース:1982年3月
  2. レッツ・ダンス
    リリース:1983年3月17日
  3. チャイナ・ガール
    リリース:1983年5月
  4. モダン・ラヴ
    リリース:1983年9月
  5. ウィズアウト・ユー
    リリース:1983年11月
テンプレートを表示

レッツ・ダンス』(原題:Let's Dance)は、イギリスミュージシャンであるデヴィッド・ボウイの14枚目のアルバム。

1983年4月14日EMIよりリリースされた。

その後、1995年ヴァージン・レコードより再リリースされたと同時に、ボーナス・トラックとしてクイーンとの共演作「アンダー・プレッシャー」が収録されている。

解説[編集]

ナイル・ロジャースとの共同プロデュースで作られた、ダンサブルな楽曲を中心に構成されたアルバム。映画出演などの効果も相まって、全世界で爆発的なヒットを記録した。このヒットにより、それまで「メジャーなカルト」だったボウイが、メインストリームに押し上げられることとなった。また、シングルカットされた「レッツ・ダンス」や「チャイナ・ガール」も大ヒットを記録した。

まだ無名だったブルースギタリストスティーヴィー・レイ・ヴォーンをリード・ギターに起用し、後の彼のブレイクのきっかけを作った。

アルバム・リリース後、ヒットの勢いそのままに大規模なワールド・ツアー「シリアス・ムーンライト・ツアー」を展開した。

収録曲[編集]

A面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「モダン・ラヴ」 (Modern Love) デヴィッド・ボウイ 4:46
2. チャイナ・ガール(China Girl) デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップ 5:32
3. レッツ・ダンス(Let's Dance) デヴィッド・ボウイ 7:38
4. 「ウィズアウト・ユー」 (Without You) デヴィッド・ボウイ 3:08
B面
# タイトル 作詞・作曲 時間
5. 「リコシェ」 (Ricochet) デヴィッド・ボウイ 5:14
6. 「クリミナル・ワールド」 (Criminal World) ピーター・ゴドウィン、ダンカン・ブラウン、シーン・ライオンズ 4:25
7. 「キャット・ピープル」 (Cat People) 作詞:デヴィッド・ボウイ/作曲:ジョルジオ・モロダー 5:09
8. 「シェイク・イット」 (Shake It) デヴィッド・ボウイ 3:49
合計時間:
39:41
ボーナストラック(1995年盤)
# タイトル 作詞・作曲 時間
9. 「アンダー・プレッシャー」 (Under Pressure (DAVID BOWIE & QUEEN)) デヴィッド・ボウイ、フレディー・マーキュリーロジャー・テイラージョン・ディーコンブライアン・メイ 3:56

曲解説[編集]

A面[編集]

  1. モダン・ラヴ - MODERN LOVE
  2. チャイナ・ガール - CHINA GIRL
  3. レッツ・ダンス - LET'S DANCE
  4. ウィズアウト・ユー - WITHOUT YOU

B面[編集]

  1. リコシェ - RICOCHET
  2. クリミナル・ワールド - CRIMINAL WORLD
  3. キャット・ピープル - CAT PEOPLE(Putting Out Fire)
  4. シェイク・イット - SHAKE IT

ボーナストラック[編集]

  1. アンダー・プレッシャー - UNDER PRESSURE (DAVID BOWIE & QUEEN)

参加ミュージシャン[編集]