レジナルド・ヒーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジナルド・ヒーバー

レジナルド・ヒーバー(Reginald Heber、1783年4月21日 - 1826年4月3日)は聖公会英国国教会)の主教賛美歌作家である。アイザック・ウォッツチャールズ・ウェスレージェームズ・モントゴメリホレイシャス・ボナーと共にイギリスの五大賛美歌作家と言われる。

生涯[編集]

1973年、英国のモルパスで生まれた。オックスフォード大学で学び、卒業後に、ホドネットの教会の司祭に任命された。牧会の傍ら作詞の才能を磨いた。ホドネット在任中に「聖なる、聖なる、聖なるかな」を作詞した。その後、インドのカルカッタ主教に任命され、三年間激務に励んで、1829年に43歳で急死した。死後、未亡人によって、讃美歌集が出版された。

参考文献[編集]

  • 『賛美歌略解(前編-歌詞の部)』1954

関連項目[編集]