レジナルド・インズ・ポコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レジナルド・インズ・ポコックReginald Innes Pocock F.R.S.1863年3月4日 - 1947年8月9日)はイギリス動物学者

ポコックはブリストルクリフトン区に、ニコラス・ポコック(Nicholas Pocock)牧師とエディス・プリチャード(Edith Prichard)の四男として生まれた。オックスフォードセント・エドワーズ・スクールen:St Edward's School, Oxford)に入って彼は自然史に興味を示し始めた。彼は動物学をサー・エドワード・ポールトンより教わり、オックスフォード博物館での比較解剖学の研究を許された。彼はユニバーシティ・カレッジ・ブリストル生物学地質学コンウィ・ロイド・モーガンウィリアム・ジョンソン・ソラスから学んだ。1885年に彼はロンドン自然史博物館の助手となり、1年間昆虫学科で働いた。彼はクモ類多足類の収集の任務に就いていた。また、英国の鳥類の収集も任されて、彼は鳥類学へも興味を持つことになる。200の論文を博物館にいた18年の間に発表して、彼はクモ類と多足類のオーソリティーとして認知されるようになった。

1904年彼はロンドン動物園の園長となり、1923年に引退した。その後も彼は篤志で大英博物館にて哺乳類分野を研究した。また1911年王立協会のフェローに選出されている[1]

彼は1912年The Fieldへ宛てた手紙の中で、ボンベイ自然史協会Walter Samuel Millardから彼に送られたレオポンの毛皮を調べた結果について書いている。

著作[編集]

  • Reginald I. Pocock (1902) Arachnida. Scorpiones, Pedipalpi, and Solifugae
  • Reginald Innes Pocock (1902) Biologia Centrali-Americana. Arachnida.
  • Reginald Innes Pocock (1900) The Fauna of British India, including Ceylon and Burma - the Arachnida volume.
  • Reginald Innes Pocock (1939) The Fauna of British India, including Ceylon and Burma - Mammalia Vol 1, Primates and Carnivora (in part).

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pocock; Reginald Innes (1863 - 1947)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年5月21日閲覧。

参考資料[編集]

  • Ernst Schwarz (1948) Reginald Innes Pocock, F. R. S. Journal of Mammalogy 29(1):93