レジデンシャル・イン・テンポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジデンシャル・イン・テンポ
Residencial In Tempo
In Tempo 4.JPG
建設中のレジデンシャル・イン・テンポ(2011年)
レジデンシャル・イン・テンポの位置(バレンシア州内)
レジデンシャル・イン・テンポ
レジデンシャル・イン・テンポ
バレンシア州内の位置
概要
現状 建設中
所在地 スペインアリカンテ県ベニドルム・ビア・パルケ(Via Parque)
座標 北緯38度32分17.16秒 西経0度09分17.64秒 / 北緯38.5381000度 西経0.1549000度 / 38.5381000; -0.1549000座標: 北緯38度32分17.16秒 西経0度09分17.64秒 / 北緯38.5381000度 西経0.1549000度 / 38.5381000; -0.1549000
着工 2006年
高さ
屋上 188.75 m (619 ft)
技術的詳細
階数 地上47階、地下3階
建設関係者
建築家 ペレス=ゲーラス・アルキテクトス・イ・インヘニエーロス(Pérez-Guerras Arquitectos & Ingenieros)
脚注
[1]
In Tempo 1.JPG

レジデンシャル・イン・テンポ(Residencial In Tempo)は、スペインベニドルムで建設中の高層建築物である。完成時には、地上47階建て、高さ188メートルになる予定。2006年1月19日にデザインが公式に公開され、2007年に建設開始、2013年完成予定である[1]。しかし、2008年の経済危機でスペインの不動産市場も深刻な影響受けたため建設はかなり遅れている。

地上高[編集]

現在、ベニドルムで最も高いグラン・ホテル・バリ英語版を抜く地上高になる予定である。これは、マドリードを除くスペインで一番高いだけでなく、人口10万人未満の都市に建つ高層建築物で世界一の高さで、さらにスペインで最も高い高層マンションでもある。経済的要因で設計、建設の過程において地上高や部屋数の変更がなされている。

構造[編集]

建造物は20メートル離れている2つの並び立つ塔と、38階から44階までをつなぐ円錐形の構造物で構成されている。2004年3月11日にマドリードで起きたテロの犠牲者を追悼する意味を込めて、数字の11とアルファベットのMに見えるようになっている。アーチ状となっている世界で希少な高層建築物のひとつであり、欧州では他にパリにあるグランダルシュが該当する。

建築物の外見はガラス張りになる予定で、ベニドルムにおいて最初の高層マンションになるとされている。

エレベーターに関する誤報[編集]

2013年8月に、20階以上の上層階のためのエレベータが設けられていないと世界中で報じられた[2][3][4]。しかし、これは誤報であり、その原因は、スペイン語新聞「エル・パイス」紙で、20階建てから47階建てに設計変更された際に、47階建て分としては十分なエレベータ・シャフト用の空間が確保されていなかったことが報じられたものが、誤訳されたことであった[5][6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]