レゲンダ・アウレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄金伝説』(: Legenda aurea or Legenda sanctorum, : Golden Legend)とは、ヤコブス・デ・ウォラギネ1230頃 – 98)によるキリスト教聖人伝集。1267年頃に完成した。タイトルは著者自身によるものではなく、彼と同時代の読者たちによってつけられたものである。中世ヨーロッパにおいて聖書についで広く読まれ、文化・芸術に大きな影響を与えた。

日本においても芥川龍之介が同書所収の聖女マリナの物語(79章)をもとに『奉教人の死』を書いている。

概要[編集]

イエスマリア、天使ミカエルのほか、100名以上にものぼる聖人達の生涯が章ごとに紹介され、その分量は『旧約聖書』と『新約聖書』を足したのとほぼ同じである。最初の章ではキリストの降誕と再臨があてられており、本書は新約聖書の続編として読むこともできる。

各章の冒頭では聖人の名前の語義を解釈し、それをその聖人の徳や行いと結びつけることがよく行われている。

内容[編集]

  • 序章
  • 第1章   主の降臨と再臨
  • 第2章   使徒聖アンデレ
  • 第3章   聖ニコラウス
  • 第4章   聖女ルキア(ルチア)
  • 第5章   使徒聖トマス
  • 期節の区分
  • 第6章   主のご降誕
  • 第7章   聖女アナスタシア
  • 第8章   聖ステパノ
  • 第9章   福音史家聖ヨハネ
  • 第10章  罪なき聖嬰児ら
  • 第11章  カンタベリーの聖トマス
  • 第12章  聖シルウェステル
  • 第13章  主のご割礼
  • 第14章  主のご公現
  • 第15章  初代隠修士聖パウロス
  • 第16章  聖レミギウス
  • 第17章  聖ヒラリウス
  • 第18章  聖マカリオス
  • 第19章  ピンキスの聖フェリクス
  • 第20章  聖マルケルス
  • 第21章  聖アントニオス
  • 第22章  聖ファビアヌス
  • 第23章  聖セバスティアヌス
  • 第24章  聖女アグネス
  • 第25章  聖ウィンケンティウス
  • 第26章  司教聖バシレイオス
  • 第27章  慈善家聖ヨハネス
  • 第28章  聖パウロの回心
  • 第29章  聖女パウラ
  • 第30章  聖ユリアヌス
  • 期節の区分
  • 第31章  七旬節
  • 第32章  六旬節
  • 第33章  五旬節
  • 第34章  四旬節
  • 第35章  四季の斎日
  • 第36章  聖イグナティオス
  • 第37章  聖母マリアお潔め
  • 第38章  聖ブラシオス
  • 第39章  聖アガタ
  • 第40章  聖ウェダストゥス
  • 第41章  聖アマンドゥス
  • 第42章  聖ウァレンティヌス
  • 第43章  聖女ユリアナ
  • 第44章  聖ペテロの教座制定
  • 第45章  使徒聖マッテヤ
  • 第46章  聖グレゴリウス
  • 第47章  聖ロンギヌス
  • 第48章  聖ベネディクトゥス
  • 第49章  聖パトリキウス
  • 第50章  主のお告げ(マリアお告げ)
  • 第51章  主のご受難
  • 期節の区分
  • 第52章  主のご復活
  • 第53章  聖セクンドゥス
  • 第54章  エジプトの聖女マリア
  • 第55章  聖アンブロシウス
  • 第56章  聖ゲオルギウス
  • 第57章  福音史家聖マルコ
  • 第58章  教皇聖マルケリヌス
  • 第59章  聖ウィタリス
  • 第60章  アンティオケイアの乙女
  • 第61章  殉教者聖ペトルス
  • 第62章  使徒聖ピリポ
  • 第63章  使徒聖小ヤコブ
  • 第64章  聖十字架の発見
  • 第65章  ラティナ門外の聖ヨハネ
  • 第66章  大祈願祭と小祈願祭
  • 第67章  主のご昇天
  • 第68章  聖霊降臨
  • 第69章  聖ゴルディアヌスと聖エピマクス
  • 第70章  聖ネレウスと聖アキレウス
  • 第71章  聖パンクラティウス
  • 期節の区分
  • 第72章  聖ウルバヌス
  • 第73章  聖女ペトロネラ
  • 第74章  祓魔師聖ペトルス
  • 第75章  聖プリムスと聖フェリキアヌス
  • 第76章  使徒聖バルナバ
  • 第77章  聖ウィトゥスと聖モデストゥス
  • 第78章  聖キュリアコスと母ユリタ
  • 第79章  聖女マリナ
  • 第80章  聖ゲルウァシウスと聖プロタシウス
  • 第81章  洗者聖ヨハネの誕生
  • 第82章  聖ヨハネスと聖パウルス
  • 第83章  教皇聖レオ
  • 第84章  使徒聖ペテロ
  • 第85章  使徒聖パウロ
  • 第86章  ローマ七殉教兄弟
  • 第87章  聖女テオドラ
  • 第88章  聖女マルガレタ
  • 第89章  聖アレクシオス
  • 第90章  聖女プラクセディス
  • 第91章  マグダラの聖女マリア
  • 第92章  聖アポリナリス
  • 第93章  聖女クリスティナ
  • 第94章  使徒聖大ヤコブ
  • 第95章  聖クリストポルス
  • 第96章  眠れる七聖人
  • 第97章  聖ナザリウスと聖ケルスス
  • 第98章  教皇聖フェリクス
  • 第99章  聖シンプリキアヌスと聖ファウスティヌス
  • 第100章 聖女マルタ
  • 第101章 聖アブドンと聖セネン
  • 第102章 司教聖ゲルマヌス
  • 第103章 聖エウセビウス
  • 第104章 聖ペテロ鎖の記念
  • 第105章 教皇聖ステパヌス
  • 第106章 最初の殉教者聖ステパノの遺骨発見
  • 第107章 聖ドミニクス
  • 第108章 聖シクストゥス
  • 第109章 聖ドナトゥス
  • 第110章 聖キュリアクスとその同勢
  • 第111章 殉教者聖ラウレンティウス
  • 第112章 聖ヒッポリュトゥスとその召使いたち
  • 第113章 聖母マリア被昇天
  • 第114章 聖ベルナルドゥス
  • 第115章 聖ティモテウス
  • 第116章 聖シュンポリアヌス
  • 第117章 使徒聖バルトロマイ
  • 第118章 聖アウグスティヌス
  • 第119章 洗者聖ヨハネ刎首
  • 第120章 聖フェリクスと聖アダウクトゥス
  • 第121章 聖アエギディウス
  • 第122章 聖サウィニアヌスと聖女サウィナ
  • 第123章 聖ルプス
  • 第124章 聖マメルティヌス
  • 第125章 聖母マリアお誕生
  • 第126章 聖ハドリアノスとその仲間
  • 第127章 聖ゴルゴニウスと聖ドロテウス
  • 第128章 聖プロトゥスと聖ヒュアキントゥス
  • 第129章 聖十字架称賛
  • 第130章 聖ヨハネス・クリュソストモス
  • 第131章 聖コルネリウスと聖キュプリアヌス
  • 第132章 聖女エウペミア
  • 第133章 聖ランベルトゥス
  • 第134章 使徒聖マタイ
  • 第135章 聖マウリティウスとその部下たち
  • 第136章 童貞聖女ユスティナ
  • 第137章 聖コスマスと聖ダミアノス
  • 第138章 司教聖フォルセウス
  • 第139章 大天使聖ミカエル
  • 第140章 聖ヒエロニュムス
  • 第141章 聖レミギウス
  • 第142章 聖レオデガリウス
  • 第143章 聖フランキスクス(フランチェスコ)
  • 第144章 聖女ペラギア
  • 第145章 聖女マルガリタ
  • 第146章 遊女聖タイシス(タイス)
  • 第147章 聖ディオニュシウス
  • 第148章 聖カリクストゥス(カリストゥス)
  • 第149章 福音史家聖ルカ
  • 第150章 聖クリュサントゥスと聖女ダリア
  • 第151章 一万一千童貞殉教女
  • 第152章 使徒聖シモン聖ユダ
  • 第153章 聖クィンティヌス
  • 第154章 聖エウスタキウス
  • 第155章 諸聖人の祝日
  • 第156章 奉教諸死者の記念
  • 第157章 聖レオナルドゥス
  • 第158章 聖四戴冠殉教者
  • 第159章 聖テオドロス
  • 第160章 司教聖マルティヌス
  • 第161章 聖ブリッキウス
  • 第162章 聖女エリサベト
  • 第163章 聖女カエキリア(チェチーリア)
  • 第164章 聖クレメンス
  • 第165章 聖クリュソゴヌス
  • 第166章 聖女カテリナ
  • 第167章 聖サトゥルニヌス
  • 第168章 こま切れの聖ヤコボス
  • 第169章 聖パストル
  • 第170章 大修院長聖ヨハネス
  • 第171章 大修院長聖モーセス
  • 第172章 大修院長聖アルセニウス
  • 第173章 大修院長聖アガトン
  • 第174章 聖バルラームと聖ヨサパト
  • 第175章 教皇聖ペラギウス
  • 第176章 献堂式

邦訳一覧[編集]

外部リンク[編集]