レクイエム (ミヒャエル・ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミヒャエル・ハイドン作曲のレクイエムハ短調MH.155大司教ジギスムントのためのレクイエム(Missa pro defuncto Archiepiscopo Sigismondo、或いは一般的にMissa pro Defunctis)は、1771年12月のザルツブルク大司教ジギスムント・フォン・シュラッテンバッハ英語版ドイツ語版の死去を受けて作曲された。ハイドンは"S[oli] D[eo] H[onor] et G[loria.] Salisburgi 31 Dicembre 1771"と署名して同年内に楽曲を完成させた。その年の始めの頃に、彼の娘アロイジア・ヨーゼファが他界した[1]。歴史家達は「彼自身の個人的な死別」が作曲の動機となったと考えている[2]。本人直筆の楽譜を含めて現存している同時代の資料がベルリンで発見されており、ハイドンの手による大量の写筆楽譜がザルツブルクで、もう一組がアイゼンシュタットのエステルハージ城で、そしてザルツブルクの写筆家ニコラス・ラングによって作成された楽譜がミュンヘンで見つかっている[3]

この楽曲は独唱と混声四部合唱、2つのファゴット[4]、4つのトランペット、3つのトロンボーンティンパニ通奏低音を伴う弦楽合奏の為に作曲された。

  1. "Requiem aeternam..." アダージョ、ハ短調、4/4拍子
  2. Sequentia "Dies irae, ..." アンダンテ・マエストーゾ、ハ短調、3/4拍子
  3. Offertorium Domine Jesu Christe, "Rex gloriae, ..." アンダンテ・モデラート、ト短調、4/4拍子
    — "Quam olim Abrahae..." ヴィヴァーチェ、ト短調、アラ・ブレーヴェ英語版(2/2拍子)
  4. "Hostias et preces..." アンダンテ、ト短調、4/4拍子
    — "Quam olim Abrahae..." ヴィヴァーチェ・エ・ピウ・アレグロ、ト短調、アラ・ブレーヴェ
  5. "Sanctus, Sanctus Dominus..." アンダンテ、ハ短調、3/4拍子
  6. "Benedictus qui venit..." アレグレット、変ホ長調、3/4拍子
  7. Agnus Dei et Communio "Agnus Dei, qui tollis peccata mundi..." アダージョ・コン・モート、ハ短調、4/4
    — "Cum sanctis tuis..." アレグレット、ハ短調、アラ・ブレーヴェ
    — "Requiem aeternam..." アダージョ、ハ短調、4/4拍子
    — "Cum sanctis tuis..." アレグレット、ハ短調、アラ・ブレーヴェ

音楽学者チャールズ・シャーマンは「アニュス・デイ・エト・コンムニオ」において「アニュス・デイ」と「レクイエム・エテルナム」の双方のeighth noteが「クム・サンクティス・トゥイス」のフーガの2分音符と同等となるテンポ関係を推奨している[5]。シャーマンは同様に「ディエス・イラエ」のアンダンテ・マエストーゾを4分音符quarter note=MM. 104拍子と解釈することを推奨している[6]レオポルト・モーツァルトは、「スタッカートでは弦から弓を離し」アクセントはつけない、と指示している[7]

レオポルト・モーツァルトとヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト父子が発表された直後の1772年1月に開催された三つの演奏会に出席しており[8][9]、ヴォルフガングは彼自身のレクイエムを作曲する際に影響を受けた[10]。実際のところ、ミヒャエル・ハイドンのレクイエムは「モーツァルトにとって重要な手本」となっており、これはフランツ・クサーヴァー・ジュースマイヤーによる完成が「いかなる形であれモーツァルトの計画から出発したのではない」ことを強く示唆している[11]

この楽曲は兄フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの葬儀でも演奏された。

脚注[編集]

  1. ^ Max Kenyon, Mozart in Salzburg: A Study and Guide. New York: G. P. Putnam's Sons: 154. "Haydn's second child, so quickly baptized on the day she was born, was named Josepha : had Michael his great brother in mind ?"
  2. ^ p. [i] (1969) Sherman
  3. ^ p. [ii] (1969) Sherman
  4. ^ p. [i] (1969) Sherman. Though the score says "Fagotto," in the preface Sherman writes: "Two bassoons are necessary to reinforce the basses at the octave."
  5. ^ p. [ii] (1969) Sherman
  6. ^ p. [ii] (1969) Sherman
  7. ^ p. [ii] (1969) Sherman
  8. ^ p. 537 (1995) Heartz
  9. ^ p. 65, Wolff (1998) Christoph. Berkeley, California Mozart's Requiem: historical and analytical studies, documents, score University of California Press
  10. ^ p. 538 (1995) Heartz
  11. ^ p. 70 (1998) Wolff
  • Heartz (1995) Daniel. New York. Haydn, Mozart, and the Viennese School: 1740 — 1780 W. W. Norton & Co.
  • Sherman (1969) Charles. Mainz Foreword to Missa pro Defunctis Universal Edition
  • Wolff (1998) Christoph. Berkeley, California Mozart's Requiem: Historical and Analytical Studies, Documents, Score University of California Press