レオ・ベンヴェヌーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leonardo Benvenuti
レオ・ベンヴェヌーティ
本名 レオナルド・ベンヴェヌーティ Leonardo Benvenuti
別名義 ベンヴェヌーティ Benvenuti
生年月日 1923年9月8日
没年月日 2000年11月3日(満77歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 フィレンツェ
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 脚本家俳優
ジャンル イタリア式コメディ

レオ・ベンヴェヌーティLeonardo Benvenuti, 1923年9月8日 - 2000年11月3日)は、イタリア脚本家俳優である[1][2]。本名のレオナルド・ベンヴェヌーティ[1]、および姓のみのベンヴェヌーティBenvenuti)でもクレジット表記された[3]

人物・来歴[編集]

1923年(大正12年)9月8日イタリア王国(現在のイタリア共和国フィレンツェに生まれる[1]

1958年(昭和33年)、アルベルト・ラットゥアーダ監督の『芽ばえ』の脚本で、同作を共同執筆したラットゥアーダ、ヴァレリオ・ズルリーニピエロ・デ・ベルナルディとともにナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞を受賞する[1]

1972年(昭和47年)、ニーノ・マンフレディ監督・主演の Per grazia ricevuta の脚本で、同作を共同執筆したマンフレディ、ピエロ・デ・ベルナルディとともにナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞を受賞する[1]。1976年(昭和51年)、マリオ・モニチェリ監督の『私の友だち』の脚本で、同作を共同執筆したピエトロ・ジェルミ、ピエロ・デ・ベルナルディ、トゥリオ・ピネリとともにナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞および最優秀原作賞をダブル受賞する[1]

1982年(昭和57年)、マリオ・モニチェリ監督の『グリッロ侯爵』の脚本で、同作を共同執筆したモニチェリ、ピエロ・デ・ベルナルディ、トゥリオ・ピネリ、ベルナルディーノ・ザッポーニとともにナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞を受賞する[1]。1986年(昭和61年)、マリオ・モニチェリ監督の『女たちのテーブル』の脚本で、同作を共同執筆したモニチェリ、ピエロ・デ・ベルナルディ、トゥリオ・ピネリ、スーゾ・チェッキ・ダミーコとともにナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞、ならびに同年のダヴィド・ディ・ドナテッロ賞最優秀脚本賞を受賞する[1]。1988年(昭和63年)、カルロ・ヴェルドーネ監督の『姉と私』の脚本で、同作を共同執筆したヴェルドーネ、ピエロ・デ・ベルナルディとともにダヴィド・ディ・ドナテッロ賞最優秀脚本賞を受賞する[1]

1993年(平成5年)、カルロ・ヴェルドーネ監督の『狼だ狼だ』の脚本で、同作を共同執筆したヴェルドーネ、ピエロ・デ・ベルナルディ、フィリッポ・アシオーネとともにナストロ・ダルジェント賞最優秀脚本賞を受賞する[1]

2000年(平成12年)11月3日ローマで死去した[1]。満77歳没。没後の2001年(平成13年)には、マリオ・モニチェリ監督のテレビ映画外に雨が降るときのように』で、共同執筆したモニチェリ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、ピエロ・デ・ベルナルディとともにビアリッツ国際視聴覚映像祭金賞脚本賞を受賞する[1]

おもなフィルモグラフィ[編集]

137作の脚本作がある[1]

参考文献[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Leonardo Benvenuti, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2010年12月9日閲覧。
  2. ^ Leo Benvenuti, allmovie (英語), 2010年12月9日閲覧。
  3. ^ ベンヴェヌーティ、キネマ旬報映画データベース、2010年12月9日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]