レオ・ヌッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオ・ヌッチ(Leo Nucci, 1942年4月16日 - )は、イタリア出身のバリトン歌手である。現代のイタリア・オペラ界を代表する歌手として知られている。

略歴[編集]

ボローニャ近郊のカスティリオーネ・デイ・ペーポリに生まれる。ジュゼッペ・マルケージオッタヴィアーノ・ビッザーリに師事したのち、1967年スポレートロッシーニの『セビリアの理髪師』のフィガロを歌ってオペラ歌手としてのデビューを果たす。1969年ミラノ・スカラ座合唱団に入団し、7年間在籍したため、歌手としての活動は一旦中断することとなる。その後1975年フェニーチェ劇場ヴェネツィア)でプッチーニの『ラ・ボエーム』のショナールを歌い、再びデビューする形で再開した。1977年にスカラ座でフィガロを、1980年に『仮面舞踏会』のレナートを歌ってデビューする。

1980年メトロポリタン歌劇場で『運命の力』のドン・カルロを歌ってデビューしている。また1981年にスカラ座の日本公演において『セビリアの理髪師』のフィガロを歌って、絶賛を受けている。

最近では2010年12月に来日して、東京のオペラシティー・ホールでバリトン・リサイタルを行うなど精力的に活動を続けている。また2011年オランジュ音楽祭に初めて出演している(演目は彼が得意とするオペラ『リゴレット』)。

レパートリー[編集]

イタリア・オペラを中心に幅広いレパートリーを持ち、ヴェルディの『リゴレット』を最も得意としている。この他ヴェリズモ・オペラも手中に収めている。

参考資料[編集]