レオ・ギンズブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ・モーリツェヴィチ・ギンズブルク
基本情報
出生名 Лео Морицевич Гинзбург
出生 1901年4月12日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ワルシャワ
死没 1979年????
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック
職業 指揮者ピアニスト、音楽教師
担当楽器 ピアノ

レオ・モーリツェヴィチ・ギンズブルクロシア語: Лео Морицевич Гинзбургラテン文字表記の例:Leo Moritsevich Ginzburg、1901年4月12日ユリウス暦3月30日) - 1979年)は、ソビエト連邦指揮者ピアニスト、音楽教師。ロシア連邦共和国功労芸術労働者(1966年授与)。

概要[編集]

ワルシャワユダヤ人の家系に生まれる。ニジニ・ノヴゴロドの音楽学校で教育を受けた後、モスクワ音楽院に入学し、1923年から1928年の間、同校で指揮法コンスタンチン・サラジェフニコライ・ゴロワノフニコライ・マルコに、音楽理論ゲオルギー・カトゥアールゲオルギー・コニュスボレスラフ・ヤヴォルスキーらに学ぶ。この他、バウマン記念モスクワ国立工科大学に学び化学技師の学位を取得、モスクワ大学では心理学を学んでいる。1929年から1931年にかけては、ヴァイマル共和政下ベルリンに留学し、ベルリン芸術大学で放送音響技師としての学位も習得している。ベルリン時代には、ヘルマン・シェルヘンに学び、オットー・クレンペラーレオ・ブレッヒらの指導も受けた。

指揮者としては、1924年に活動を始め、ニコライ・ミャスコフスキー[1]アラム・ハチャトゥリアンカバレフスキークニッペルラーコフシェバリーンらの作品の紹介に努めている。1932年モスクワ放送交響楽団1940年ソヴィエト国立交響楽団の指揮者陣に名を連ね、1944年から1945年の間は、ノヴォシビルスク・オペラ・バレエ劇場の首席指揮者、1945年から1948年にかけては、アゼルバイジャンの国立フィルハーモニー協会の首席指揮者として活動し、1950年から1954年まではモスクワ国立交響楽団の首席指揮者を務めている。

母校であるモスクワ音楽院では、指揮法の教師として1930年より亡くなるまでの間、およそ半世紀にわたり教鞭を執り続けた。1939年教授に昇格し、1940年から1943年1956年から1961年の二度にわたり主任を務めている。門弟はおよそ100人に及び、著名な者として、コンスタンティン・イワノフヴェロニカ・ドゥダロワイズラエル・グスマンファト・マンスーロフウラジーミル・フェドセーエフドミトリー・キタエンコアレクサンドル・ラザレフアレクサンドル・アニシモフラヴィル・マルティノフパヴェル・コーガンアレクサンドル・ミハイロフ等がいる。

1979年にモスクワで没した。

主な録音[編集]

以下はメロディア録音。

脚注[編集]

  1. ^ 交響曲第13番交響曲第15番の初演を担当。

外部リンク(兼・参考文献)[編集]

参考文献[編集]