レオ・アントン・カール・デ・バル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ・アントン・カール・デ・バル

レオ・アントン・カール・デ・バル(Leo Anton Karl de Ball、1853年11月23日-1916年12月12日)は、ドイツオーストリア天文学者である。小惑星センターにはK. デ・バルという名前で登録されているが、一般にはレオ・デ・バルとして知られる。

彼はラインラントロッベリヒで生まれ、ボンベルリンで学問を修めて1877年に博士号を取得した。ゴータとBothkampの天文台で働き、1882年に小惑星を1つ発見した。その後ベルギースランにある天文台に移り、土星の質量の分析や、天体力学の研究、二重星年周視差の測定などを行った。

1891年から1916年に亡くなるまで、ウィーンの天文台長を務めた。彼には多くの業績があるが、特に星表の二重星の年周視差の欄を多く埋めたことで有名である。

レオ・デ・バルが発見した小惑星
230 アタマンティス 1882年9月3日