レオン・ドラクロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオン・フレデリック・ギュスターヴ・ドラクロワ(Léon Fréderic Gustave Delacroix, 1867年12月27日 - 1929年10月15日)は、ベルギー政治家1918年から1920年まで首相を務めた。

ブリュッセルのSaint-Josse-ten-Noodeで生まれたドラクロワは、ブリュッセル自由大学法学を学び、1889年ブリュッセル弁護士になった。1908年から1911年まで、イクセル(Ixelles)の議員を務め、1909年には破棄院の弁護士となった。1917年から1918年まで破棄院の弁護士会会長を務め、1919年から1921年まで、カトリック党の代議院議員を務めた。

第一次世界大戦の復興の最中の1918年、国王アルベール1世に指名されて、カトリック党、自由党、労働党の3党による挙国一致内閣の首班となり、首相に就任した。

それまでベルギーでは、行政府の首長のことをChef de cabinet(フランス語)と呼んでおり、首相(フランス語:Premiers ministres, オランダ語:Premier)という肩書が使われたのはドラクロワが初めてである。

ドラクロワは財務大臣を兼任し、1920年8月から9月まで外務大臣も兼任した。ドラクロワ内閣の下では初の男子普通選挙が実施され、所得税法、1日8時間労働を定めた労働法、酒類の販売制限法などが施行された。

首相退任後は1920年から1929年まで、パリに設置された賠償委員会のベルギー代表を務め、1929年10月15日にドイツバーデン=バーデンで死去した。

首相在任期間[編集]

先代:
Gérard Cooreman
ベルギーの首相
1918 - 1920
次代:
アンリ・カルトン・ドゥ・ヴィアール