レオポルド・ノビーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオポルド・ノビーリ
ノビーリの検流計

レオポルド・ノビーリLeopoldo Nobili1784年 - 1835年8月5日)は19世紀始めのイタリアの物理学者、発明家。熱力学電気化学の研究のための様々な装置を発明し、イタリアにおける電磁気学研究の先駆者の一人とされる。

ガルファニャーナのTrassilico(現在のトスカーナ州ガッリカーノ)に生れた。モデナの士官学校を卒業して技術将校になり、ナポレオン1世1812年ロシア戦役に参加した[1][2]

その後は物理学の研究、特に電気現象の研究に専念するようになり、1825年には無定位検流計を発明し、初期の電磁誘導装置なども設計した[2]。また、1850年に赤外線などの研究を行ったマセドニオ・メローニ(1798-1854)と共同で熱電対や電流計を使った研究を行った。

1832年レオポルド2世 (トスカーナ大公)フィレンツェに呼ばれ、王立物理学・自然史博物館(Regio Museo di Fisica e Storia Naturale/現:スペーコラ美術館)の物理学教授に就任し[2]、当時のイタリアの科学界を指導者であるヴィンチェンツォ・アンティノーリ(w:Vincenzo Antinori、1792 - 1865)らと共に物理学を教えた。

出典[編集]

  1. ^ Leopoldo Nobili "Mille Anni di Scienza in Italia" ガリレオ博物館(イタリア語)
  2. ^ a b c Leopldo Nobili museo galileo Biographies (英語)

外部リンク[編集]