レオポルド・ガルチェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオポルド・ガルチェリ
Leopoldo Fortunato Galtieri Castelli
Galtieri.jpg

アルゼンチン共和国
第45代大統領
任期 1981年12月22日1982年6月18日

出生 1926年7月15日
アルゼンチンの旗ブエノスアイレス州
死去 2003年1月12日(満76歳没)
アルゼンチンの旗ブエノスアイレス
政党 なし(軍事評議会)

レオポルド・ガルチェリ(レオポルド・フォルトゥナート・ガルティエリ・カステッリ、Leopoldo Fortunato Galtieri Castelli、1926年7月15日-2003年1月12日)は、アルゼンチンの元大統領アルゼンチン陸軍の司令官。

プロフィール[編集]

軍人時代[編集]

イタリア系移民(イタリア系アルゼンチン人)の家に生まれ、17歳の時にアルゼンチン軍士官学校に入学。その後パナマ米州学校で学んだ後、イサベル・ペロン政権崩壊後の政治的混乱の中で複数の軍事政権によるクーデターにかかわり、1980年にはアルゼンチン陸軍の司令官に就任。この様な中でガルチェリは、1970年代に軍事政権によって行われた「汚い戦争」と呼ばれることになるペロニスタ(ペロン主義者)の弾圧を実質的に指揮していくことになる。この弾圧の中で同国民約3万人が犠牲になったと言われている。

大統領就任[編集]

1981年12月にガルチェリは同国の大統領に就任するが、この様な状況から国民の目をそらせる目的もあって、1982年に入り、長年イギリスが実効支配していたアルゼンチン南部沖にあるマルビーナス諸島(フォークランド諸島)に対する領有問題をクローズアップさせた。これを受けアルゼンチン国内ではマルビーナス諸島問題が過熱ぎみになり、民衆の間では「政府がやらないなら義勇軍を組織してマルビーナス諸島を奪還しよう」という動きにまで発展した。

マルビーナス(フォークランド)戦争[編集]

同年4月にガルチェリはアルゼンチン軍による攻撃を命令し、まもなく同諸島最大の都市のポートスタンリーを占領し、その後の戦闘でもアルゼンチン軍機が多数のイギリス海軍艦艇を撃沈し戦いを有利に進めたものの、一部のラテンアメリカ諸国と東側諸国以外の殆どの国際社会からの非難を受けた上、イギリス軍が長距離爆撃機による空爆や陸戦、同盟国であるアメリカ合衆国の援助を得た情報戦を有利に進めた結果、6月14日にイギリス陸軍部隊がポートスタンリーを包囲しアルゼンチン軍が降伏し敗北した。

失脚[編集]

その後6月16日にアルゼンチンの外務大臣内務大臣がガルチェリに抗議し辞表提出し、翌17日にガルチェリが敗北の責任を問われ失脚し、大統領及び陸軍総司令官を辞任した。

1983年には軍事法廷で「汚い戦争」とマルビーナス戦争における敗北の責任を問われ、陸軍における地位を降格された上に1986年5月に収監された。その後1991年カルロス・メネム大統領により恩赦を受けるまでの5年間を監獄で過ごした。2002年7月にも民事訴訟を起こされ有罪を宣告されたものの「健康状態の悪化」を理由に自宅軟禁処分となった。

その後、ブエノスアイレスの病院に膵臓癌の治療を目的に収容されたが、2003年1月に心臓発作により76歳で死去した。

関連項目[編集]

先代:
カルロス・ラコステ
アルゼンチンの大統領
1981年 - 1982年
次代:
‎レイナルド・ビニョーネ