レオポルト・ヤンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオポルト・ヤンサLeopold Jansa, 1795年3月23日オーストリア君主国、東ボヘミアヴィルデンシュヴェルトドイツ語: Wildenschwert, チェコ語: Ústí nad Orlicí)  – 1875年1月25日ウィーン)は、ボヘミア作曲家ヴァイオリニスト教育者。作曲家としては室内楽やヴァイオリン独奏曲を手懸けた。

Leopold Jansa.jpg

略歴[編集]

少年時代から郷里でヴァイオリンの指導を受け、ブルノで一般教育を終えた。1817年ウィーンに上京して法学を学ぶが、間もなくヤン・ヴァツラフ・ヴォジーシェクエマヌエル・フェルスターから作曲の指導を受ける。1823年ブラウンシュヴァイク管弦楽団に入団するが、1824年にはウィーン宮廷管弦楽団に入団している。1834年ウィーン大学教授音楽監督に就任。1834年から1850年までさまざまな弦楽四重奏団に参加した。シュパンツィヒ四重奏団の統率者イグナツ・シュパンツィヒから第1ヴァイオリン担当を受け継ぎ、カール・ホルツ(第2ヴァイオリン)やカール・トラウゴット・クヴァイサー(ヴィオラ)、ヨーゼフ・リンケ(チェロ)と活動を続けた。

1845年から1848年までウィーン楽友協会ホールで四重奏の夜会を監督した。1847年から1848年までウィーン音楽院ヴァイオリンを指導した。1848年ハンガリー革命に肩入れするロンドンの演奏会に参加した結果、ウィーンでの地位を喪う。1868年までそのままロンドンに教師として逗留し、同年の大赦でウィーンに戻った。1871年に、以前の地位に復帰している。

主要な門人にヴィルマ・ネルーダ(後のチャールズ・ハレ夫人)とカール・ゴルトマルクがいる。

[編集]

外部リンク[編集]