レオポルト・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオポルト、妻ギーゼラと子供たち

レオポルト・マクシミリアン・ヨーゼフ・マリア・アルヌルフ・フォン・バイエルン(Prinz Leopold Maximilian Joseph Maria Arnulf von Bayern, 1846年2月9日 - 1930年9月28日)は、バイエルン王国の摂政王子ルイトポルトの次男、バイエルン王子(Prinz von Bayern)。兄はバイエルン国王ルートヴィヒ3世

16歳でバイエルン王国軍に入隊し、普墺戦争で軍を指揮した。戦争後はヨーロッパアジアを旅してまわった。1873年4月20日オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベトの娘(第2皇女)ギーゼラウィーンで結婚した。

レオポルトは1905年にバイエルン軍での働きを称えられて陸軍元帥に昇進し、1913年に退役した。

子女[編集]