レオポルトシュタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィーン2区
紋章 位置
Wien Wappen Leopoldstadt.png Kartewien2.png
区名 レオポルトシュタット
面積 19.27 km²
人口 95.238 (2007年1月1日)[1]
人口密度 4,870.9人/km²
郵便番号 1020
区役所所在地 Karmelitergasse 9
1020 Wien
公式サイト www.wien.gv.at/bezirke/leopoldstadt
政治
区長 ゲルハルト・クービック (SPÖ)
区議会勢力
(定数60)
SPÖ 30, Grüne 12, ÖVP 9,
FPÖ 8, KPÖ 1

レオポルトシュタット (Leopoldstadt) は、オーストリアの首都・ウィーン市の第2区の地名である。地名は神聖ローマ皇帝レオポルト1世にちなむ。

概要[編集]

2007年の人口統計は9万5,238人。第20区ブリギッテナウの南部に隣接し、ドナウ島南部の南半分を占める。

かつてウィーン北部のドナウ川は大きく蛇行し、氾濫原、沼地、入り江、人の住まない森林地帯などであったが、ウィーン市においては整備が進められ、歴史的にドナウ運河とドナウ川旧本流の間にあった広大なドナウ島は、現在アルテ・ドナウ、新たに掘られて形成されたノイエ・ドナウ、新ドナウ本流によって3分割され、区としてはブリギッテナウとレオポルトシュタット、更にドナウ島北半は北部の21区フローリツドルフと南部の22区ドナウシュタットの4つに分割・吸収されている。

また地区の南部はプラーター公園として、歴史的な交差点(プラーターシュテルン)、メッセ、遊園地、運動施設、サーキット、浴場などを備えた公園として整えられ、また歴史的な面影を残す森林・湖沼が残されている。「プラーター」の名はドーナウ島南部全体の呼称として用いられることもある。

レオポルトシュタットは1923年の段階で38.5パーセントがユダヤ系住民であり、「マッツェスインゼル」(Mazzesinsel, マッツォー島の意)と呼ばれた。現在でも歴史的なユダヤ系市民のほか、新たな東欧系のユダヤ人、イスラエル人が住み、更にトルコ系、バルカン系の移民(多くのムスリムを含む)などが共存している。ウィーンはドイツ系だけの街ではないということがよく理解できる地区でもある。

街路名[編集]

出身者[編集]

居住者[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Statistik Austria [1]

関連項目[編集]

Central-Europe-map.png この「レオポルトシュタット」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ