レオニシス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオニシス
728 Leonisis
仮符号・別名 1912 NU
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
フローラ族?)
発見
発見日 1912年2月16日
発見者 J. パリサ
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a) 2.254 AU
近日点距離 (q) 2.057 AU
遠日点距離 (Q) 2.452 AU
離心率 (e) 0.088
公転周期 (P) 3.38 年
軌道傾斜角 (i) 4.26
近日点引数 (ω) 55.68 度
昇交点黄経 (Ω) 82.70 度
平均近点角 (M) 163.24 度
物理的性質
自転周期 ~5 時間
スペクトル分類 A / Ld
絶対等級 (H) 12.8
■Project ■Template

レオニシス (728 Leonisis) は小惑星帯にある小惑星。ヨハン・パリサがウィーン天文台で発見した。

ドイツ物理学協会 (Physikalischer Verein) の会長だったレオ・ガンス (Leo Gans) と、協会のシンボルであるエジプトの女神イシスに因んで名付けられた。

レオニシスのスペクトルは石質だが、S型小惑星とはやや異なるA型ないしLd型に分類されており、この小惑星をフローラ族の一員に含めて良いかどうかは疑問がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ニッポニア (小惑星)
小惑星
レオニシス (小惑星)
次の小惑星:
ワトソニア (小惑星)