レオナード・E・ディクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオナード・ユージーン・ディクソンLeonard Eugene Dickson, 1874年1月22日 - 1954年1月17日)は、アメリカの数学者

抽象代数学、特に有限古典群の関連におけるそれの研究の創始者の一人。多くの数学書を著し、特に数論の長い歴史について書いた書は有名。

1874年アイオワ州インディペンデンスで生まれ、1893年にテキサス大学を卒業した。E・H・ムーアに学んだ後は、ヨーロッパに渡り、時の群論のリーダーたちと共に研究した。1910年からシカゴ大学の教授を務めた。

1954年テキサス州ハーリンジェンで死去する。

著作[編集]

関連項目[編集]