レナード・プルークネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レナード・プルークネット

レナード・プルークネット(Leonard Plukenet、1642年1月 - 1706年7月6日)は、イギリス植物学者である。

生涯[編集]

イングランド女王メアリー2世に雇われ、ハンプトン・コート宮殿の庭園で働き、珍しい植物を集めるのに貢献した。後に王室植物官(Royal Professor of Botany)に任じられた。1688年に出版されたジョン・レイの『植物史』("Historia Plantarum")の第2巻の出版に協力し、1691年から出版を始めた4巻の著書、『薬草誌』("Phytographia")で多くの新種や稀少植物を紹介した。アメリカの植物学者、ジョン・バニスターの2700以上の新大陸の植物の図を引用した。リンネによってプルークネットの仕事は高く評価された。プルークネットが没すると、協力者とともに集めた約8,000にのぼる植物標本は、ノリッジ司教に購入された後、1710年にハンス・スローンの物となり、後にロンドン自然史博物館のコレクションの一部となった。

トウダイグサ科の科の名前、Plukenetiaに献名されている。

著書の図版[編集]

著書[編集]

  • Phytographia, sive stirpium illustriorum & minus cognitarum icones. 1691–1692.
  • Almagestum botanicum sive Phytographiae Pluc'netianae Onomasticon Methodo Syntheticâ digestum. 1696 (online).
  • Almagesti botanici mantissa. 1700 (online).
  • Amaltheum botanicum. 1705 (online).
  • Opera Omnia Botanica. 6 Bände, 1691–1705.

参考文献[編集]