レイ・メンドーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイ・メンドーサ
プロフィール
リングネーム レイ・メンドーサ
ホセ・ディアス
チャト・ディアス
インディオ・メンドーサ
エル・ラヨ・ロホ
エル・オンブレ・デル・ラヨ・ロホ
ガルガンチュワ
本名 ホセ・ディアス・ヴェラスケス
ニックネーム メキシコの鉄人
身長 178cm
体重 94kg - 100kg
誕生日 1929年7月6日
死亡日 2003年4月16日(満73歳没)
出身地 メキシコの旗メキシコシティ
トレーナー ライ・カラスコ
デビュー 1954年
引退 1982年
テンプレートを表示

レイ・メンドーサRay Mendoza、本名:José Díaz Velazquez1929年7月6日 - 2003年4月16日)は、メキシコルチャドールプロレスラー)。

選手時代は主に素顔で活動し、インディオの血を受け継ぐテクニコとして人気を集めた[1]。日本でのニックネームは「メキシコの鉄人」。

実子が順にビジャノ1号2号3号5号4号、義理の娘はラ・インフェルナル(3号の妻)。彼らのユニット名は「ロス・ビジャノス」と呼ばれる。

来歴[編集]

1950年プロボクサーとしてデビューするが、拳を負傷してボクシングの続行を断念[1]ライ・カラスコのトレーニングを受け、1954年ルチャ・デビュー。当初はボクサー時代と同じチャト・ディアスChato Diaz)のリングネームで活動し、エル・ラヨ・ロホEl Rayo Rojo)を名乗って覆面レスラーに変身していた時期もある。

1955年よりレイ・メンドーサRay Mendoza)のリングネームを用いるようになり、1959年9月11日にジャマイカドリー・ディクソンからNWA世界ライトヘビー級王座を奪取[2]、メキシコ人選手では初の同王座戴冠を果たした[3]。以降、1967年8月、1968年12月、1970年3月、1972年4月、1973年12月と、通算6回に渡って同王座を獲得している[2]。その間、1963年11月30日にエスパント1号を破りメキシカン・ナショナル・ライトヘビー級王座を獲得し[4]、1967年3月11日にはレネ・グアハルドからNWA世界ミドル級王座を奪取した[5]

アメリカ合衆国ロサンゼルス地区にも遠征し、1970年12月4日にジョン・トロスを破りユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座を獲得[6]1971年1月15日にはミル・マスカラスと組んでブラック・ゴードマン&エル・ゴリアスからNWAアメリカス・タッグ王座を奪取している[7]。同月にゴードマン&ゴリアスに奪還されマスカラスとの王者チームは短命に終わったものの、その後も1972年5月5日にラウル・マタとのコンビでキラー・コワルスキー&キンジ渋谷、1973年5月18日にはラウル・レイエスをパートナーにゴードン・ネルソン&リッパー・コリンズをそれぞれ下し、アメリカス・タッグ王座に返り咲いた[7]

1975年1月には長らく所属していたEMLLを離れ、フランシスコ・フローレスらとともに新団体ユニバーサル・レスリング・アソシエーション(LLI)を旗揚げ。11月には新設されたUWA世界ライトヘビー級王座の初代王者に認定されている[8]。以降、1976年8月22日にエル・アウダス、1978年10月29日にエル・ソリタリオを破って同タイトルを三度手中にしたが、1979年11月4日にグラン浜田に敗れて陥落してからは、王座に返り咲くことはなかった[8]

1981年9月13日には「ジ・エイプマン」なるアメリカのマーシャル・アーティストとメキシコ史上初の異種格闘技戦を行い、5ラウンドKO勝ちを収めたが、古傷の左肩が悪化したため1983年に引退[1]。メキシコの独立記念日である9月16日にメキシコシティのエル・トレオにて引退式が行われた[1]。リタイア後はレフェリーやトレーナー、コミッショナー活動などを兼務していた。2003年4月16日、心臓発作のため死去[3]。73歳没。

日本には1971年3月、日本プロレスに初来日。ザ・デストロイヤーアブドーラ・ザ・ブッチャーキラー・カール・コックスアンジェロ・モスカジョー・ルダックらと共に、『第13回ワールドリーグ戦』に出場した。元UN王者として注目を集めたものの、軽量のためヘビー級揃いのリーグ戦では勝ち星に恵まれず[1]、これが最初で最後の来日となっている。1978年8月13日、メキシコにて藤波辰巳WWFジュニアヘビー級王座に挑戦しているが[3][9]新日本プロレス登場は実現しなかった。

家系[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
レイ・メンドーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビジャノ1号
 
ビジャノ2号
 
ビジャノ3号
 
ラ・インフェルナル
 
ビジャノ5号
 
ビジャノ4号
 


得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

EMLL
  • ナショナル・ライトヘビー級王座 : 1回[4]
  • NWA世界ライトヘビー級王座 : 6回[2]
  • NWA世界ミドル級王座 : 1回[5]
NWAハリウッド・レスリング
LLI
  • UWA世界ライトヘビー級王座 : 3回[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『THE WRESTLER BEST 1000』P111(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c NWA World Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  3. ^ a b c Wrestler Profiles: Ray Mendoza”. Online World of Wrestling. 2011年5月6日閲覧。
  4. ^ a b Mexican National Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Middleweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  6. ^ a b NWA United National Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  7. ^ a b c NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  8. ^ a b c UWA World Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月6日閲覧。
  9. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史(6)プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P161(1986年、ベースボール・マガジン社

外部リンク[編集]