レイ・オビエド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイ・オビエド(Ray Obiedo)は、アメリカスムースジャズギタリスト

オビエドは、カリフォルニア州リッチモンドで育った。そして17歳でギターを弾き始めた。最初、彼はハービー・ハンコック、 ジュリアン・プリースター(en:Julian Priester)や、シーラ・E(en:Sheila E.)のレコーディングに出演し、ジャズR&Bの両方を演奏した。彼は、ジャズフュージョングループであるキックと、ロックバンドのリズム21のリーダーだった。[1]1989年には、彼はウィンダム・ヒル・レコードと契約し、そこから8年間に5つのアルバムをリリースした。

ディスコグラフィー[編集]

  • Perfect Crime (邦題:『完全犯罪』、ウィンダム・ヒル・レコード, 1990年10月25日)
  • Iguana (邦題:『イグアナ』、ウィンダム・ヒル・レコード, 1991年1月29日) 全米コンテンポラリー・ジャズ・アルバム #10[2]
  • Sticks & Stones (邦題:『マルバツ』、ウィンダム・ヒル・レコード, 1993年2月9日) 全米コンテンポラリー・ジャズ #7[2]
  • Zulaya (ウィンダム・ヒル・レコード, 1995年4月11日) 全米コンテンポラリー・ジャズ #22M[2]
  • Sweet Summer Days (邦題:『スウィート・サマー・デイズ』、ウィンダム・ヒル・レコード, 1997年7月15日)[2]
  • The Modern Worldドーモレコード, 1999年8月10日)

脚注[編集]

  1. ^ Ray Obiedo at Allmusic
  2. ^ a b c d Billboard, Allmusic.com