レイ・ウィリアム・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイ・ウィリアム・ジョンソン(Ray William Johnson)はニューヨーク市在住のアメリカ人で、最も人気の高いYouTubeセレブリティの一人。市内のカレッジの学生だが、本名や出身地などの詳細は明かしていない。

RWJと略されることが多い。

Equals Three[編集]

メインチャンネルのRayWilliamJohnson、ビデオブログチャンネルのBreakingNYCの2つを持つ[1]。毎週月曜と木曜に新動画が投稿されるメインチャンネルはEquals Threeと呼ばれ、チャンネル登録数においてnigahigaを上回る第1位であり、動画再生回数の総合計は20億回に迫る[2]。彼の動画は全て週間再生回数上位に入り、注目を集めている[3]

投稿動画の内容は、YouTube上の人気動画(ヴァイラルビデオ)を3本紹介し、感想を述べ、時に茶化したりこきおろすというもの。そのコメント内容はほとんどがジョークとはいえしばしば度が過ぎる為、攻撃的もしくは人種差別的ととられることがある。テロップを多用し、トロール(荒らし)キャラも演じ、テンポの良さと表現力の多彩さに人気が高い。

2008年に投稿を開始した当初は政治的な内容も含まれていたが、試行錯誤の末に現在のスタイルが確立された。

現在は2009年4月以前の動画は削除されている。

決まり文句[編集]

彼の動画ではいくつもの決まったセリフ、表現が使われる。一部を以下に紹介する。

  • "What's happening forum"
  • "fake and gay"
  • "My name is Ray William Johnson and I approve this message"
  • "I'm just saying"
  • "surprise butt secks"
  • "2 camels in a tiny car!"
  • "ZOMG!"
  • "You ain't got no pancake mix!"
  • "...or you get squaids. It's some serious sh*t."

他YouTuberとの交流[編集]

meekakityと交際しているとされる。レイ自ら自虐ネタにしているが、彼はmeekakittyよりもかなり身長が低い。

ミッシェル・ファンの動画に男性用メイクのモデルとして出演した

アノイング・オレンジにも野生リンゴ役で出演

脚注[編集]

外部リンク[編集]