レイモンド・カーヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイモンド・カーヴァー
Raymond Carver
Raymond Carver.jpg
誕生 1938年5月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オレゴン州クラッツカニー
死没 1988年8月2日(満50歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州ポートエンジェルス
職業 小説家詩人
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1958年-1988年
ジャンル 短編小説
文学活動 ミニマリズムダーティー・リアリズム
代表作 頼むから静かにしてくれ』(1976年
愛について語るときに我々の語ること』(1981年
大聖堂』(1983年
配偶者 テス・ギャラガー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

レイモンド・クリーヴィー・カーヴァー・ジュニア(Raymond Clevie Carver Jr.、1938年5月25日 - 1988年8月2日)は、アメリカ小説家詩人

人物[編集]

オレゴン州クラッツカニーに生まれ、ワシントン州ヤキマに移る。結婚して、長女の誕生後にカリフォルニア州チコカリフォルニア州立大学チコ校に入学、夜間働きながら創作クラスでジョン・ガードナーに師事する。1960年にフンボルト・ステート・カレッジに移籍し、この頃から学校の文芸誌の執筆や編集作業を始める。1971年に短編「でぶ」がジョセフ・ヘンリー・ジャクソン賞の「特別推薦」に選出され、『ハーパーズ・バザール』に掲載される。

翌1972年にカリフォルニア大学バークレー校の客員教授となるも、アルコール使用障害で入院を繰り返し、妻と別居する。その後詩人のテス・ギャラガーと出会い、交際を始める。

1980年代に代表作の多くを執筆するも、1988年にテスと結婚して程なく肺がんにより死去。

作品内容はアメリカ中流家庭の日常の孤独感、家庭の崩壊、失業や挫折、グロテスクな部分などを淡々とした文体や大胆な締めで書き上げたものが多い。短編小説ミニマリズムの名手として、ヘミングウェイチェーホフと並び称されることもある。

日本では小説家村上春樹1983年に『僕が電話をかけている場所』を翻訳し、以来ほとんどの作品の翻訳を手がけ、2004年には全集を刊行している。

作品[編集]

短編[編集]

作品集[編集]

  • 『頼むから静かにしてくれ』 Will You Please Be Quiet, Please?1976年
  • 『怒りの季節』 Furious Seasons1977年
  • 『愛について語るときに我々の語ること』 What We Talk About When We Talk About Love1981年
  • 『大聖堂』 Cathedral1983年
  • 『象』 Elephant1988年

編集版[編集]

  • 『僕が電話をかけている場所』 Where I'm Calling From: New and Selected Stories (1988年)
  • ショート・カッツShort Cuts: Selected Stories1993年
  • Collected Stories2009年

[編集]

作品集[編集]

  • 『クラマス川付近』Near Klamath (1968年)
  • Winter Insomnia (1970年)
  • 『夜になると鮭は・・・』 At Night the Salmon Move (1976年)
  • 『ファイアズ』 Fires (1983年)
  • 『水と水とが出会うところ』 Where Water Comes Together with Other Water (1985年)
  • 『ウルトラマリン』 Ultramarine (1986年)
  • 『滝への新しい小径』 A New Path to the Waterfall (1989年)

編集版[編集]

  • In a Marine Light: Selected Poems (1988年)
  • All of Us: The Collected Poems (1996年)

脚本[編集]

  • Dostoevsky (1985年、ギャラガーと共作)

映画化[編集]