レイプとジェンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイプとジェンダーは密接な係わり合いにある。それぞれのレイプには明らかな差は認められるが、その全てにおいて、社会的に阻害された感覚がつきまとう。

  • レイプと強姦は本来同じであるが、ここではレイプに用語を統一する。理由はレイプの用語は性別が関係なく使われうるが、強姦の場合は日本語であるがゆえに性別が限定されるため不均衡が現れる可能性があるためである。日本では「男性器の女性器への挿入」(vaginal intercourse)にレイプを限定しているが、口腔性交(oral intercourse)や肛門性交(anal intercourse)などを含めるかに関しては国や州によって異なる。本項目では便宜上いずれもレイプとして扱うが、法律上の定義とは必ずしも一致しない。

男性による女性のレイプ[編集]

男性による女性のレイプは、最も良く知られているレイプである。基本的に幼い方が狙われやすい傾向があるが、レイプは幼児から老人まで、あらゆる年齢で被害を受け得る。それは、社会の基準を満たす女性のみではない[1]。このタイプのレイプ被害は多く、しばしばこれのみがレイプ被害と誤解される事がある。

女性へのレイプに関する間違った考え方は、オルガスムを感じた場合、レイプに同意しているとみなす事である。だが、性的接触に対する女性の生理学的な応答は、決して承諾を意味しない[2]。また、もう一つの間違った考え方は、女性が性的に男性を魅惑するように装っているならば、それはレイプではないということである。そのような衣装によって、人を性的な願望を呼び起こされた状態にさせるであろうと、しばしば主張される[3]。日本では、北海道・東京連続少女監禁事件などで主張されたが、それもまた承諾を意味していない。

しかし、性的行動としてのレイプの範囲に関しては、少なからず論争がある。フェミニストは、一般に男性が女性をレイプするのは、力・権力が原因であるとし、それらの性の側面を軽視する。ただし実際のレイプ犯罪は、力の側面も無視できないが、同様に性的欲求の行動であると理解される側面もある[4]

女性による男性のレイプ[編集]

女性でも男性に対して、非合意の上での性的行動を強要する事がある。この場合、力またはごまかしによって、レイプの行為を行う。女性の男性へのレイプの場合、男性の勃起などの応答が、自主的であると見なされるがそうではない。こういったレイプの場合、しなくてはならない状況にあるのであって、それは必ずしも自発性や承諾を意味しない。

アメリカ合衆国やオーストラリアでは、教師が10代の男子学生を暴行するとして報道されるケースが多い[5]。日本でも児童養護施設などで行われていたとして、埼玉児童性的虐待事件などが報道された。この種の事件では、「少年があまりにも純粋だと仮定しすぎなのでは」といったような女性の側に立脚した難癖が付けられることが多く、しばしば物議を醸す。例えば、和歌山少年暴行事件に関して、医師である藤田徳人は「生物学的な私見や、少年にとって女性は金づるだったのではないか」という想像から、「女性の(「双方愛し合っていたのだから無理やりではない」という)主張の方が信憑性がある」と分析した(断言はせず、自身がブログで「想像に過ぎないかもしれません」と述べている)[6]。このような理屈による男性が被害者となることを認めようとしない議論は他にも多い。だが、実際には利用、強要されているに過ぎず、その形式が何であれごまかすことはできない。

女性による男性のレイプ被害者は、社会・政治・法律・制度上のあらゆる場面において、二重規範と戦う事を余儀なくされ、「レイプではない」と言われることさえある[7]。そのため、女性のレイプ犯は不起訴になる事が多い。日本では、男性に対するレイプは法的にレイプ(強姦罪)と認められていない。しかしながら、事件の性質および結果は女性が被害者であるレイプと同様である。

男性による男性のレイプ[編集]

男性は男性に、レイプされる事がある。更に、被害者は社会的に恥ずべきであると考え、苦しむ。こういった点は、男性の女性に対するレイプの被害者女性が、しばしば直面している恥の形式に似ている。男性の男性に対するレイプも、しばしば深い精神的損傷を与える。

男性の多くは、不本意に生理学的な反応を、暴行によってひき起こされる。これは、他のタイプのレイプでも同様であるが、男性の男性に対する場合、前立腺の刺激があるため勃起・射精しやすい。またこういったレイプは、ペニスにより肛門が裂かれる痛みなど、物理的にもかなりの衝撃を受ける[8]。そのため、このタイプのレイプは更なる自尊心の喪失に繋がる。

このタイプのレイプは、被害者が必ずしも同性愛者である事を意味しない。加害者が同性愛者であることも意味しない。男性の男性に対するレイプは、刑務所などでよく起こっている事が知られる[9]。こういった場合、強い男性から逃れることができない。

女性による女性のレイプ[編集]

女性も女性にレイプされることがある。スウェーデンでは罪に問われる犯罪であり、暴行の際に他の女性の性器に指を突っ込んだ行為がレイプに当たるとして2009年に有罪を宣告された女性の例もある[10]。男性の男性に対するレイプと同様に、女性の女性に対するレイプの被害者は、必ずしもレズビアンであるとは限らない。こういったレイプは、著しく過小申告される。女性による女性に対する性犯罪は、双方によって積極的に隠される。男性の男性に対するレイプと同様に、女性が刑務所で他の女性を暴行することはよくある。

同性愛恐怖の社会において、こういった問題は見逃される。女性は女性より、男性の方へ性的願望を持つべきだとされるため、最も大きい道徳的タブーであるといえる。母性の文化的なイメージも、批判の対象となる。明白な関係は文化的な文脈の水面下に沈み、被害者は言語を絶する体験について話すことができない[11]。烙印は恥、不信、傷跡、汚れとして認識される。

また女性解放論者は、とりわけ家父長制以外のファクターを認めることに対して、気が進まなかった。こういった被害者は、レイプというものに対する固定観念を持ってレイプ問題に取り組む女性らに、しばしば裏切られるような感覚を持つ。

出典[編集]

  1. ^ 女性に性転換した「男性」、性的暴行受ける
  2. ^ 性的被害についての相談
  3. ^ レイプ神話と「性」
  4. ^ レイプするオランウータン
  5. ^ アメリカとオーストラリアでショタコンの女性教師が増加している件について
  6. ^ 日刊フジタ情報 2007年4月の記事
  7. ^ 23歳女性が31歳男性をレイプしたとして有罪に
  8. ^ 男の子や男性はこんな性被害にあっている。(実例集)
  9. ^ 深刻な米刑務所内での性的暴行 自殺者やエイズ感染の犠牲者も
  10. ^ Woman, 32, found guilty of raping woman” (英語). The Local (2009年8月7日). 2011年10月17日閲覧。
  11. ^ Mother-Doughter Incest(PDFファイル、英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]