レイパー佐藤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイパー佐藤(レイバーさとう、本名:佐藤文則(さとうふみのり)、1968年1月30日 - )は、日本物まねタレント映画監督声優俳優、ラジオMC、

人物[編集]

福岡県大牟田市出身。血液型はA型

スタートレックの熱烈なるファンであり、その知識や愛情のレベルはファンの閾を超えている。スタートレックの啓蒙活動や、自費でラスベガス・ヒルトンのスタートレック・エクスペリエンス (Star Trek: The Experience) に通うなど、その活動は意欲的である。スタートレックイベントにはボイジャー佐藤の名で司会等を務める事も多い。河崎実監督の作品の常連でもある。

来歴[編集]

1983年(高校2年の時)、8ミリシネマ団体“20世紀タヌキ”を結成し、同年10月に本人監督、脚本・主演『クラッシャーイサオII』がフジテレビオレたちひょうきん族』で放映され、反響を呼んだ。そして、1988年に『日本ものまね大賞』で素人物まね芸人としてデビューを果たす。この頃はまだ本名の佐藤文則として出場していた。同番組には10年間出演する。番組終了後、レイパー佐藤(名付け:物まねコージー冨田)の芸名でプロデビュー(2012年7月に「レイバー佐藤」に芸名変更)。

ターミネーター」や「タイタニック」などの映画の効果音や、「ゴジラ」や「バルタン星人」などの怪獣の声、花火汽車などの日常の効果音の物まねを得意とするが、「ロボコップの思春期」や「大人ドラえもん」などの下ネタをやるため、そのイメージが強い。

俳優の酒井一圭らと「クラッシャーカズヨシ」シリーズの映画制作。 東宝の製作で富士急ハイランドのオリジナルヒーローハイランダーが活躍する短編映画の監督も行った。 子供から大人まで楽しめるものまねで全国営業巡回中。 2012年に結婚を発表し、同年7月には長男が誕生。

イベント履歴[編集]

伝説のキャプテンと呼ばれるキャプテンスールー(ミスターカトー)とのトークをくりひろげた。

  • 2005年11月26日スタートレック・スペシャルイベント
    スタートレック:エンタープライズDVD発売記念イベント。日本語版の声優達によるファン感謝イベント。司会だけでなく、物まねショーや、スタートレックの実際の映像に合わせてのアテレコ芸も披露。
  • 2010年7月24日 スタートレックファーイースト発足記念イベント
    秋葉原UDXにて行われたスタートレックの新しいファンクラブの発足イベント。ゲストを招いてのトークショー。集まったファンの方参加によるクイズ大会の司会を務める。

出演番組[編集]

ラジオ出演[編集]

インターネット出演[編集]

インターネットラジオ出演[編集]

映画監督[編集]

映画出演[編集]

舞台出演[編集]

  • ミュージカル「バーブニング」(1989劇団NLT)
  • 「スカイパンの計略」、「なぞなぞ悪魔のトム・ティト・トット」(1990劇団新芸術)
  • 時空を駆ける真田十勇士(2001御園座)
  • 時空を駆ける真田十勇士(2002新宿コマ劇場)
  • 真夏の夜の夢のよう(2010築地願寺プディストホール)

声優歴[編集]

DVD作品[編集]

ものまねレパートリー[編集]

映画シーン[編集]

TV・ヒーロー物[編集]

キャラクター物[編集]

歌手[編集]

DVD作品[編集]

  • OTAKU佐藤のグレイテストヒッツ(2008年)

外部リンク[編集]